FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
映画で「ひぐらしのなく頃に」のDVDが連絡できたので借りてみてみた。
「ひぐらしのなく頃に」は残虐性が強く、アニメ版の放映時に似た事件がおき、
放送が中止されたことがあるいわくつきの作品である。

自分自身は見たことがなかったので、映画化をよい幸いと見てみることにした。
映画は、ゲームの鬼隠し編を基にしている。

だから、映画だけでは頭の周りに????になってしまった。

それからアニメ→ゲーム(オリジナル)→コミックと深みにはまりつつある。

しかし、このゲームどこを切り取るかでまったく色彩が変わる。
もし、手をつけるなら、最後の「祭囃子編」まで必ず行ってほしい。
そうしないと単なる推理ホラーで終わってしまう。
しかし、解答編に進むにつれ、人の心の中にある闇とそれを超えようとする光の
戦いであることがわかって来る。

問題編(鬼隠し編・綿流し編・祟殺し編・暇潰し編」の中を中心にしめるのは
なぞと悲しみである。
なぜそういうことになってしまうのか。
その問いかけの答えが解答編に示される。

なぜ、これをブログで取り上げたかというと、
雛見沢症候群自体が、現実の世界でもありうる。
というか真理の立場から見ると、悪しき霊存在からのまやかしと
つながる部分がある。
そして「信じる心」がそれを打破していく。
その流れは決してゲーム中だけの話ではない。

劇薬指定なので、すべての人に進められるものではないが、
「人間の心の奥底とそれをこえていくこと」について
関心があるひとにはトライしてほしい。
ただ、はじめたからには、最後まで遣り通してほしい。
途中で投げ出したら、この物語の本質はわからない。

これは、私からの警告(笑)

ちなみに、自分は、罪滅ぼし編が一番好きだ。
みなさんは、いかがだろうか。


DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
最近、硬い話題ばかりなので、すこし砕けた話を。

近くのレンタルビデオ屋
(この名前もレコードショップと同じで、時代とずれてきた)
で、「エンジェル・ハート」を借りてきた。

エンジェル・ハート」は、「シティ・ハンター」の続編のようなものだが、設定が大分違う。

北条司の作品を呼んで思うのは、
この人が「人と人とのつながりとはなにか」という
ことを大切にして作品を書いてきた人だなということだ。

AHには、さまざまな要素があるが、
移植された心臓に意識があるという設定は、
現実の世界でもあるらしい。

実際には唯物論者からいえば、ありえない話だが、
実際には、人格を持った心臓についての書籍があることは
ご存知のとおりである。

今回は、冴羽僚のパートナーであった香が、
事故にあい、その心臓を移植されるために奪われるところから、物語が始まる。

その移植を受けたグラスハートが、新宿に来て、
CHのメンバーと会っていき、物語が流れていく。

僚と心臓に残った香の意識が、
グラスハートの親になっていくところは、
「家族とは何か」ということを改めて感じさせる。

シティハンターを知らなくても十分楽しめるが、
CH世代に自分にとっては、続編が始まることそのものも
うれしい。

特に、彼の作品は、エピソードを重ねていくタイプなので、
続けようと思えばどこまでも続けていける。
だから、終わりといえば終わりだし、始まりと言えば始まりだ。

コミックバンチでの連載も順調のようなので、
これからも期待したい。

                    伊雲


FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : エンジェル・ハート コミックバンチ シティハンター 冴羽僚

DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
世界名作劇場が復活するらしい。
その復活第一弾に選ばれたのは、「レ・ミゼラブル」である。
なんでも、少女スコットの視点から描かれるようで、
タイトルも、「少女スコット」とかいうことになるらしい。
ジャン・バル・ジャンの話は、回想とかで出てくるのかもしれない。

レ・ミゼラブル(ああ、無常)と聞いて、自分が思い出すのは、
ジャン・バル・ジャンがまだ、若いときに司祭の家に泊めてもらったときに、
銀の食器を盗んだのだが、それがばれたときに、
司祭から「それはあげたのだ」と言って、許され
そして、人生を真剣に生きることを諭されるシーンである。
人生には、そういう邂逅の瞬間がある。
宗教的には、回心ということになるのだろうが、
自らの罪を悔い改め、そして、彼は市長になる。
そういう瞬間が、主より与えられたということだろう。

このことを書いていて、ふと思い出した話がある。
それは、O・ヘンリーが書いた、「金庫破りのジミー
(原題:取り戻された改心)だ。

この話は、小さいころ学研の学習の付録についていた物語集の
中にあって、
多分初めて自分が本当に感動して読んだ話だと思う。

この話は、金庫破りをしていた青年ジミーが、
ある女性に恋をする。
そして、金庫破りから、足を洗うことを決め、
そして、その道具を処分しようとしていたときに、事件が起こる。
その女性の娘が、金庫に閉じ込められてしまうのである。
自分なら、金庫を開けて、女のことを助けることができる。
しかし、そこには、彼を追い続けていた刑事もまたいた。
助ければ、彼は逮捕されてしまう。
その葛藤の中で、彼はどういう選択をするのか・・・。
その結末は、どうか原作を読んで欲しいものだが、
人間の良心というものが、自己保身との戦いの中で、
どういう形で現れるかを見事にあらわした作品であると思う。
そして、最後に、刑事が残す一言がまたいい。
へんりーの傑作のひとつだと思う。

こういうキリスト教的な価値観が強く現れている
「改心」という現象。
自分は、どうもこれに引かれる。
だから、教師などというやってもなかなか報われない仕事を
続けていけるのかもしれないが。

さて、世界名作劇場の復活に際して、
おそらく、「ハイジ」や、「ラスカル」「フランダースの犬」とかを
思い出しておららる方も多いだろう。
しかし、世界名作劇場には隠れた名作がある。
それが、末期の名作と言われている「ロミオの青い空」である。
この物語は、ミラノを舞台に「アルフレド」と「ロミオ」という少年の、友情を描いた作品なのだが、
この中には、「学ぶことの意味」「生きるということ」「死ぬということ」など、人生で学ぶべきことがたくさん詰まっている。
どうか、一度は見ていただきたい作品である。
この作品を見ていれば、少なくとも、自分の人生を粗末にしようとは、思わないように思う。

「日本昔ばなし」が折角復活したのに、
視聴率の問題で、また、なくなったようだ。
どうか、いい作品を作って、
一時期のようなブームを巻き起こして欲しいと思う。

                伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 世界名作劇場 ロミオの青い空 レ・ミゼラブル ジャン・バル・ジャン 金庫破りのジミー O・ヘンリー ハイジ フランダースの犬

DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
ファーストガンダムが、本当に待望のDVD化されたので、
早速レンタルしてきた。

ファーストガンダムは、今見ても古くない。
(もちろん絵の中には、明らかに手書きのような絵があるが)
それだけの哲学を持っていると思う。

と、いったものの前にも書いたが、リアルタイムでは見ていない。
再放送がリアルタイムな世代であったにもかかわらず、
実は見ていない。
ガンダム好きの生徒と、話していて
「俺って、実はガンダム見てなかったんだ」ということを
気がついた話を前に書いたことがあるが、
改めて見てみて、面白いと思う。

ガンダムは、F91とか、0083小隊とか、逆襲のシャアとか
を先に見ていたので、改めてファーストを見ると、
何か不思議な感慨がある。

ファーストガンダムのテーマに「アニメで戦争を描く」という
ことがあったと思う。
リュウ・ホセイマチルダ中尉、そしてスレッガー中尉などの
キャラが突然に死んでしまうことを、通して、戦争とは何かと
伝えようとしている。
それは、「これが戦争なのよね」せりふでもわかるのは、
ファーストガンダムのファンなら、当然わかっていると思う。

で、このファーストガンダム、現代の子供たちに受け入れられるんだろうか。
ガンダムSEEDもDESTENYも、見ていないので、
どんなストーリーか分からないが、
(TVシリーズで見てるのは、Zガンダムだけ)
ファーストガンダムが、前半で見せてくれた、
戦争のせつなさというものを、受け止めれるんだろうか。

今、DVDとして、再版されているが、どれくらい子供たちが
見てるのかなと思う。

ガンダムほど、時代の中で、その時代を繁栄しながら、続いたアニメはないし、はっきりいってガンダムとついているだけで、
内容はぜんぜん違う。
(Gガンダムとかもあるし。友達は好きだったが)

一度、通して、ガンダム全シリーズを見てみたいと思うのだが、ZZぐらいで挫折しそうなので、
最新作ぐらいはみとかないといけないだろうか。

個人的には、アニメの世界にリアルな世界を取り入れたのが、
ファーストガンダムなら、
SEEDは、ガンダムの世界に、ライトノベルの世界を取り入れたと言ってよいのだろう。
それが、時代を映すということであるのかもしれない。



タグ : フ� 璽好肇�鵐瀬� F91 0083小隊 逆襲のシャア リュウ・ホセイ マチルダ スレッガー ガンダムSEED


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。