FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:書籍
今回の震災で、原子力アレルギーが起こっており、
私の住む九州でも原発についての議論が盛んだ。
しかし、「原発反対派」より「原発の安全性確保」を訴えた人が、
統一戦では、当選している。(一部例外はある)
国民も、「原発なしで電気供給は成り立たない」という
基本的な事実は分かっているのだ。
しかし、福島のようなことが起こるようでは、
困るのでなんとかしてして欲しいといっているのだ。

今回の原発では、女川原発はほぼ被害がなかった。
(もちろん皆無ではないが、原子炉そのものは無事だった)
それは、原子炉が敷地の海沿いに設けた斜面
および海抜14.8mの場所に設置してあったためであり、
あのレベルの震災でも、そういう対策を講じれば
耐え切れることを証明したといって良い。
(あれ以上の震災はさすがに想定外だろう)

このエネルギー問題は、実は防衛と大きく関わる。
火力発電の原料である石油は、国際情勢に大きく依存する。
先の大戦の要因の一つは、「石油不足」であったことを
忘れてはいけない。
シーレーンを抑えられれば、日本は、まったく手が出せなくなる。
そういう意味でも原子力を手放すことは、
国際関係上も危険である。

この書籍が、冷静な議論の出発点になることをせつに願う。
DATE: CATEGORY:書籍
古代日本の奈良時代や平安時代には、
このような大災害が起きたときには、
「その責任は天子にある」というといわれました。
それで当時は、大震災が起きれば、
まず、上に立つものが反省し、その不徳を恥じ、
そして、政を行うという習慣がありました。
しかし、現在は民主主義の世の中になり、
日本国憲法によれば、国民主権であって、最高の権力者は国民です。
したがって、現在においては、
「あらゆる天変地地異の根本原因は、まず国民の民意にあり。
さらには、選ばれて政をしている人たちにもある」と言ってよいと思います。

国民の民意の中に、総意の中に、いかなる間違いがあったのか。
それを言いましょう。

戦後――。
日本は、享楽の中に、享楽文化の中に、
神聖なるものを見失ったのではなかったか。
退廃の中に、
どっぷりと浸かってきたのではなかったか。
また、この世的なる唯物的なる思想に、
どっぷりと浸かってきたのではなかったか。

かたや霊的なるものを認めるものであっても、
悪霊現象をありがたがり、邪教を跋扈させ、
仏神を蔑ろにした、
数多くの宗教の罪もある。
それに対して、
深い反省を求めるものである。

お金と物質だけでは人の魂は救われない。
人の魂が救われるためには、
正しい価値基準と、
菩薩としての行動が必要です。
聖なるものを忘れ、驕った”物質人間”に対しては、
厳しい「天の試練」が来るでしょう。

しかし、それに対して、
最終的なる救済は、やはり「魂の救済」です。
「心というものが人間の本質である」ということを、
すべての人間が知らなくてはならないのです。

                   『奇蹟の時代を生きる』より 一部改変・省略

=======================================
この15年前に発されたメッセージが、
今なお、人類への警告として、
生きていることを悲しく思う。

インドの人々が、「仏陀再誕」を認めたこの時期に、
日本人は、何をしているのか。

その思いを込めて、このメッセージをアップした。
なにか感じてほしい。
感じ取って欲しいと、せつに願う。
DATE: CATEGORY:書籍
アマゾンへの発注ミスで、到着が24日になってしまった。
注文したつもりで、こないなぁと思っていたら、
カートに入れたまま、発注をしそこねていた。

どうしようかと思ったが、今日は、書店に行けないし、
明日は、仕事で一日中身動きがとれないので、
それならば24日まで待つことにした。

なんだか、クリスマスプレゼントみたいだ。

『救世の法』は、今年一年で主が創造された新しさを下支えした昨年の書籍『創造の法』から、
世界人類へ救世主の降臨を改めて告げる直球の伝道の書でる。

『まだ、信じないのか。主はすでに降臨した』そう説かれた主。
ひとびとに、そのことを改めて伝える経典になろう。

この経典がクリスマスイブに届くというのも、
ある意味、イエスからのメッセージのような気がして、
悪くないかも。

今年一年じっくりと読み、広げ、実践していく書籍。
早く読みたいところもあるが、今年発刊されてきた霊言や経典が、
まだ消化できずに残っているので、
それを先に消化することにしようと思う。

楽しみであると同時に、身のひきしまるおもいがする。

その時が来たのだ。
DATE: CATEGORY:書籍
この本のタイトルは、「レムリアの真実」だが、
この「レムリア大陸」という名前は、本来の名前ではない。

この「レムリア」という名前は、
後世の人たちが、この大陸の実在の証拠となった
レムールという動物の名前からつけたもので、
当時の大陸の名前では「ラムディア」という名前であったことが、
述べられている。

その意味では、この本は、「ラムディアの真実」であるべきだが、
「レムリアという名前では当時なかった」ということが、
ある意味、この書籍が発刊された意味と言ってもいいだろう。

この本の後半部分で、
アメリカの核軍縮の真実について、語られた部分がある。
アメリカが核軍縮を言い始めているのは、
「核以上の兵器を開発したからである」という指摘である。

核兵器は、実はかなり厄介な兵器で、
現在の状況では使うことは現実的には難しい。
しかし、兵器としてつかわない以上、「保持」しておかねばならず、
管理費がかかる。

特に、古い核兵器は、「使う」以外に役にたたないのだが、
使うわけにもいかないというジレンマに陥っている。

そのため、この維持費を減らすために、
アメリカは「核軍縮」を言っているのである。

しかし、ただ、核兵器を減らすだけでは、抑止力の点でバランスを欠く。
核兵器は、持ってるだけで、相手への威嚇になり、
戦争を抑止させる力があるのも事実である。
そのアメリカが、核軍縮を言っているのだから、
「核を超える兵器」を手に入れたと見るべきだろうということである。

その具体的な内容も、示されているのだが、
その内容をみると、あまりに今の世界情勢と一致していて、
ぞっとさせられる。

もしかしたら、あれはそれによるものなのか・・・と
思わされる事例がいくつもあるのだ。

地球の最高霊界である九次元霊である、
ゼウス・マヌの両名による霊言で、
幸福の科学では、今まで詳しく述べられていなかった
「ラムディア大陸」の真実が語られた。

光が現れるとき、闇は消え去るしかない。
その大きな一書となる書籍である。
DATE: CATEGORY:書籍
出口汪さんに続いて、同じ東進ハイスクールの英語の講師である、
安河内哲也さんの書籍を買ってきた。
書いてある内容は、確かによく聞く話だが、
説得力がさすがに違う。
予備校講師という多忙な日々の中で、
勉強を続けている人だけあって、
その言葉一つ一つが、力強く説得力がある。

安河内先生自体が「できる人」なので、
この最終章にある
「向上心のある人との付き合いが、あなたを変える」ということばが、
そのまま、この本との出会いが自分を変えるといえるほど、
エネルギーを感じる本である。

予備校の講師は、おそらく現代で、一番の智者であろうと思う。
大学で、研究をしている人たちより、
予備校で、教えている人たちのほうが、
いろいろな意味で「教師」として上だ。

学ぶということが、どういうことであるのか。
それを身をもって、実践している。
それが、文章の間から、伝わってくる。

こういう本が、もっと読まれ、
そして、もっと書かれるとうれしいと思う。

自分は、高校のカリキュラムに、
こういう「人生の指南書」となる本を
学ぶカリキュラムがあっていいと思う。
自助論とか、そういう古典的自己啓発の書籍に関する知識や、
こういう「勉強法」に対する知識、
いわゆる、人生に対するプラグマティックな知識を
もっと生徒たちに教えていっていけば、
生徒たちのやる気もぜんぜん変わるだろう。

今度出版から、『格差社会で日本は勝つ』という
鈴木真実哉さんの本がでるが、
格差社会とは、「努力の結果が公平に評価される社会」だと
考えれば、むしろ公平な世界である。

格差解消は、努力による自己研鑽によって行われるべきで、
社会主義的な方策を採ると、国が傾くことは、
イギリスサッチャーの時にとった方策に
お手本がある。

この本は、そのあたりの自助の精神が、
すべての原点であることを、
示した本でもあると思う。

                     伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 安河内哲也 出口汪 東進ハイスクール 格差社会で日本は勝つ 鈴木真美也 イギリス サッチャー


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。