FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:映画
映画『永遠の法』が、全国公開中である。
もちろん、自分も何回が見に行ったが、
仕事の都合で、あんまりいけないのが残念。

本当は、何度も見たいんだけどね。

で、今回のテーマは「永遠の不思議」と「幸福の天の河」の
二大テーマソング。

最初に、「永遠の不思議」を支部で聞いたときは、
正直、「あんまりぱっとしない歌だな」と思った。
(先生、ごめんなさい)
釈尊霊示による総裁の作詞なのだが、
最初に聞いたときには、あんまり、いいとは思えなかったのが
正直な感想だった。
でも、映画で、霊界エレベータのシーンでこの歌を聞くと、
パノラマのようで、すごかった。
死ぬときに、自分の一生を見るといわれているけれど、
霊界の時間をすべて見ている感覚。
一言一言が、悟りの文言として、しみじみと入ってくる。

そして、「幸福の天の河」も壮大な時間の中を
旅をしているような気持ちになれる。
こちらは、トス神霊示で、
こんな恋愛の歌をっておもったのだが、
壮大なソウルメイトの歌なのだ。

(実は、前の書き込みで、永遠の不思議幸福の天の河
逆に書いてしまったのだが)

この二つの歌を聴いていて、やはり九次元の悟りってすごいなと思った。
経典『幸福の法』にてとかれた
「かるみ」の境地に達している感じ。

飾りはなにもないのだが、
一つ一つが悟りの言葉のように思う。

太陽の法や黄金の法の映画の歌も、
自分は結構好きなのだが、この永遠の法の歌は
格が違う。
それを、本当に感じる。
さりげないけど、深い。
それが、主の今の悟りなんだろうな。

映画も、そういう感じだったなと思う。
太陽の法とかは、全エネルギーを使って、見るような映画だったけど、今回は安心して見れたし。
落ち着いて、ゆっくりと見れた。
エンジェルXが、ミネルバのふくろうの象徴だったと
知ったのはあとでだけど、
結構、いろいろと裏設定があるんだろうな。

久留米での最終日まであと、数日あるので、
ぜひまた見に行きたいと思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 永遠の不思議 幸福の天の河 釈尊霊示 トス神霊示 九次元 幸福の� ∥斥曚遼 _�發遼

DATE: CATEGORY:映画
9月30日から、幸福の科学製作の『永遠の法』の映画が
上映されている。

信者としては、早く行きたかったのだが、
仕事の関係で土日は休めないので、
月曜日の今日に、見に行った。

で、感想はというと、多分一般の方が見ても面白いと思う。

個人的には、比べてはいけないのだが、『黄金の法』より、
分かりやすいのではないかと思う。

その理由は、いろいろとあるのだが、
永遠の法』自体が、霊界構造を書いた本であるので、
登場人物が、過去の偉人が多くて、
分からない人がいないということがあると思う。

エジソンが、最初から最後までナビをしてくれるので、
主人公たちと一緒に、霊界探訪をしている気もちになる。
また、この画像がとてもきれいだ。
「霊界ってこんなにきれいなのかな」と思った。

しかし、その中に教えが満載されている。
そもそも『永遠の法』は、以前、総裁が講義で、
「簡単に読めるようで、実は次元次元にあった、
心境を入れているので、そう簡単な本ではない」と
言われていたように、
各次元、次元で、自分がどこから来たか、
はっきりと分かる(--)
自分は、多分六次元は、頑張ればいけそうだが、
七次元は厳しいかな。
天使にはなれないかもしれない。

霊界構造が順番にあがっていくので、
ストーリーに無理が無く見れる。
そして、いったん地獄界にいって、
悪魔を倒したあと、霊界エレベーターで、
霊界を一望しながら九次元へと進んでいく、
幸福の天の河」のシーンが、すごかった。
今までの、映画が、凝縮されているようなそんな感じ。

個人的には、夏川夕子が地獄界で、
隆太を守ろうとして、ビヒモスに対して、
「立ち去りなさい」と降魔しようとした場面で心が動いた。
「愛による降魔」ということがあるのだなと思った。
盾が吉祥宝印だったし。

一般の方も安心して見れるんじゃないかな。
科学者の魂が、ずっとストーリーを絡んでくるので、
はっきりしていて分かりやすい。

ただ、小さい子供向けというより、
少し、大きくなった人向けかもしれない。

号泣するというより、「さわやかな」感じの映画。
そういう意味では、心がふさぎこんでいる人とかみると
いいかもしれない。

また、来週見に行きたいと思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく



タグ : 霊界探訪 六次元 幸福の天の河 夏川夕子 吉祥宝印 エジソン 幸福の科学 永遠の法

DATE: CATEGORY:映画
新作ででていたので、借りてみた。
最初は、正直あんまり、関心が無く、
とりあえず、借りた一枚だったのだが、
結構面白かった。

なぜかと思ったら、
主人公の三人組(三浦春馬木村了濱田岳)の
三人がいい意味で、イケメンではなかったのがよかった。
(こんないったら、おこるかな)
ウォーターボーイズの焼き直しじゃんと最初思ったが、
この三人が、いい意味垢抜けていないのが、
この映画いい感じを出している。

ここに、たとえば、速水こもみちとかが入っていると
ものすごくまともで、シリアスな映画になったと思うが、
この三人の存在感がほのぼのしていて、
それがよかった。

脇役の二人の木村了濱田岳は、
どちらも、しっかりしたドラマを
一年間サブ主役で通しただけあって、安定した演技を見せていて
(けっして、魅力的で派手な演技ではないが)
それが、三浦春馬の初々しい演技といい感じで
シンクロしていたと思う。
素人の少年らしくて、逆に良かったと思う。
あの味を、計算で出しているなら、すごい役者だが。

コメンタリィで、出ていた三浦春春馬の髪型が、別人見たい
だったのが、
「ああ、男の子はこんなに変わるんだね」って
思いながら見ていた。

ストリィは、ウォーターボーイズのサーフィン版みたいなので、(監督も同じだし)脚本もそうかなと思ったら、
なんと高校生の書いたものだったらしい。
なるほどなぁとか思いながらみた。

この映画は、キャストに成功していると思う。
このメンバーの妙な力の抜けた感じが、
似たような映画とちょっと違った感じをかもし出している。
ストーリーは、よくあるけどね。

あと、追加ながら、後姿の濱田岳に笑った。
一生懸命な感じが伝わってくる。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく

タグ : Catch a Wave 三浦春馬 木村了 濱田岳 速水こもみち ウォーターボーイズ

DATE: CATEGORY:映画
最近、ブログが硬い話題ばっかりだな(^^)
まあ、それもいいが。

先に、「同じ月を見ている」を見ていたので、
そっちを書こうと思ったのだが、
「亡国のイージス」のインパクトが強くて、
こっちが後回しになってしまった。

感想から行くと、
「悲しくて美しくて最後にちょっと救いがある」というある意味、「べたな」映画。
でも、それがいい。

タイトルにもなっている「月」を登場人物がそれぞれ
見上げる瞬間が切ない。
普段見ない月をみあげるときは、何かいわくあがるからだ。

特に、山本太郎が演じていた「ドン」を助けるやくざが、
月を見るシーンは、切ない。

そして、最後、窪塚俊介が演じる主人公は、
過去の過ちを告白し、そして癒されていくわけだが、
その中で、最終的には悲劇として終わる。

最後に、「ドン」が、生まれ変わって(?)
ちょっと救いがあるのが、ちょっと強引な気もした。
あれ、移植じゃなくても良かったんじゃないかな。

本編と関係なく、この映画は、「脳死による臓器移植」が
どれほど、切ないかを丁寧に描いてくれた作品でもあった様に思う。

心停止液を入れて、心臓が止まる瞬間が切なかった。
これが、「死」なのだと思った。
そして、その心臓にはさみが入れられる。
その瞬間、「やっぱり脳死による移植は、
生きている人を殺している感覚があるのではないか」と
思った。

確かに臓器移植をすれば、助かる命があれば、助けてあげたい。
しかし、脳死による移植は、やっぱり医療の側で作り上げたエゴのように思える。
「どうせ、助からない」から、「死亡判定してもいい」と
いうふうに短絡的につなげていいのか。
それがやっぱり疑問に思える。


タグ : 同じ月を見ている 臓器移植 窪塚俊介

DATE: CATEGORY:映画
台風で、仕事も休みになったので、
時間つぶしにと、DVDをイkつか借りてきた。

その中で、面白かったのがいくつかあった。

一つ目がこの「亡国のイージス
大ヒットしているのは、知っていたが、
不思議と借りていなかった。
多分、最初に出たころに、新作で、ぜんぜんなくて、
そのまま借りた気になっていたのかもしれない。

で、見てみて、特に現在のご時世で、今日のニュースで、
北朝鮮が、地下核実験の準備をしているというニュースもあり、
ちょっとシンクロしたせいか、いろいろと感じながら見た。

最近平和の問題が、クローズアップされている。
「平和は戦争の間のすきまにすぎない」という言葉があったが
それも真理だ。
しかし、そのすきまに60年もいることができた日本は、
幸せだし、ある意味政治の成功している部分でもあるのだと
思う。

私は、平和憲法自体は好きなほうだが、
法の欠落がある。
「9条」には、自衛隊の記述が無い。
(当時ないから、当たり前なのだが)
もちろん、戦後は、アメリカが、日本を弱体化させるために、
わざと軍隊記述を削除したのだが、
戦後60年の歴史の流れを見ると、
日本人も「戦争」ということを、考えなければならなくなっていると思う。

「戦争」は「侵略しない」からおこらないものではない。
「侵略されること」だってありうることは、歴史を見れば明らかだ。
現に、北朝鮮の地下核実験が、ニュースになっている。
北朝鮮が、日本に攻撃を仕掛けようとしたときが来たとき、
(こないほうがいいが、)
日本はどうするのか。
「日本には平和憲法があるから、自衛しません」というのか。
きがついたら、ミサイルがおちてました、
ということになってしまったりしそうなきもする。
映画の中でも、潜水艦が何もせずに、沈められるが、
あれが「戦争」であるのだろう。
「平和ボケ」を続けている日本人が、戦争に巻き込まれない保障はない。

広瀬隆の『クラウゼビッツの暗号文』の資料によると、
第二次世界大戦後、戦争が世界でなかった年はないし、
戦争にかかわっていない国も、ほちょんどないそうだ。
要するに、「戦後の平和」を享受していたのは、
日本とかいくつかの国だけで、
そのほかの国々は、そもそも「戦後」ではなく、
今も、「戦時中」であるということである。

そういう世界の中にあって、
特に不安定な東アジアの国々の中にあって、
「平和憲法があるので、戦争しませんといっていれば、
戦争はないんです」という絶対平和主義は通用しないだろう。

どういう形になっていくか。
智慧をしぼり、考えていかなければいけない時代が来たのだと思う。

見ていて面白かったのは、
高性能の戦艦は、諸刃の剣で、
特に今回のようにイージス間が乗っ取られると、
なす手が無くなる。
近代兵器の発展が、実は諸刃の剣であることが改めて分かる。
そして、そのとき、人力(^^)が、
ものをいうと。

モールス信号とか手旗信号とかアナログな方法で
連絡をとるという手法が、インターネット全盛の時代、
逆に、意外な盲点になることを感じた。
デジタルの時代だからこそ、アナログが強いときもある。
モールス信号とか、もうアマチュア無線の世界ぐらいでしか、
実際には使われていないらしいが、
(まあ、デジタル無線の時代には、とんつーはしないよな)
ときには、アナログも面白い。
イージス艦との対比が面白かった。

また、世代間の交流の問題、親子の問題も、
だぶらせてあって、真田広行が、勝地涼の擬似父親になって
いたのが、面白かった。
結構、癒されていたのかなって思った。

なんか、「永遠の仔」で、虐待を受けた子供の役をしていた
勝地涼が、こういう青年役をやっていて、
「ああ、あの子が青年になったらこうなるんだろうか」とか、
勝手に思ってしまった。
(実際は、役が違うんだが。だぶってしまった)
しかし、勝地涼は、最近、眉毛がV字の役が多い。
「この胸いっぱいの愛を」でも、そんな感じだったし。
その眉毛が、またかっこいいんだが。

イージスの最後に出てきた絵を描いているところを見てみたい。
ちょっと、傷ついた青年の役とかやらせると天下一品なのだが、
普通の青年役もうまい(末っ子長男姉三人とか)ので
永遠の仔」に一緒に出ていた浅利洋介と一緒に
「普通の青年」のドラマもやって欲しいな。

タグ : 亡国のイージス 勝地涼 北朝鮮 永遠の仔 アマチュア無線 クラウゼビッツの暗号文 広瀬隆

DATE: CATEGORY:映画
が、DVDで、でていたので、見てみた。
今年最大のヒット作といわれるだけあって、良かった。

戦後、61年経っているせいか、
それとも現代風に味付けしているのか
こまかい部分での時代整合性が気になった部分もあるが、
大きな流れとしては、感動させられた。

大和が沈む、それは、日本の沈没を当時意味していたはずである。
その使命感と悲壮感は、現代に生きるわれわれには
想像するしかないが、それほどものだったろうか。

「帰れない」ことを最初からわかっていながら
出港した乗組員たちは、どれだけの思いを持っていただろうか。

主人公の神崎が、大和の沈没の際、友人が目の前で沈んでいく
シーンを見て、涙が止まらなかった。
あっさりと、沈んでゆく友人。
今まで、共にいたものを目の前で失う瞬間。

その切なさが、つらかった。

そして、その後の年月生き残った二人がすごした年月を
思うと、切なくてしょうがなかった。

世界の各地では、まだ戦争があっている。
戦争は政治の延長であるというクラウゼビッツの言葉もある。
地球上で戦争が、なくなることはないと思うが、
一人一人の魂が、最大限輝くことができるような
歴史であることを望みたい。

FC2 ブログランキング

タグ : 映画 男たちのYAMATO 大和

DATE: CATEGORY:映画
森山未来の初主演映画であるとの前触れと
メイキングが結構おもしろかったので、
本編である「スクールデイズ」を見てみた。

これが、いまいち。

コメディにするには、ブラック過ぎて笑えない。
むしろ、シリアスかサイコホラー的な方向で作ったほうが
よかったんじゃないかと思う。

結構、キャストも面白いメンバーで
期待してた割には、いろんな意味で、面白くなかった。

画面もなんか、暗くて古い感じがしたし。

うーん。なんか、中途半端だった。
森山未来のよさをぜんぜん引き出せてないみたい。

コメデイにするなら、
ドラマの世界と現実の世界の対比をもっと極端にして、
笑える設定にすべきで、
映画自体の方向性が、いまいち定まってない感じを受けた。

出演していた忍成が、
「この映画って実は、コメデイだったの?って途中で気がついた」っていってたけど、
それじゃだめじゃん。

でも、彼は結構いい演技をしている。
いや、役者は結構いい味を出しているだけに、
それを台無しにしている演出が、もったいない。

DATE: CATEGORY:映画
英語耳のテキストの中に、「HOLES」という英語の本が
面白くてペーパーバック初心者向けの勉強にはいいということが書いてあって
読もうと思ったのだが、その前にいったTSUTAYAで、
その映画化されたものをみつけたので、先にこっちをみた。

最初は、ただ穴を掘っているだけなのだが、
それが大きな展開を見て話が過去と現在が交錯していき、
最後に、カタルシスがある。
いわゆる「よくできている青春映画」である。

スタンドバイミーとか好きな人は好きなんじゃないかな。
主人公の二人、とくに、ゼロがいい味出している。
こんな友情を、育んでみたいと思わせてくれるそんな映画だった。

なんども、見ても飽きないだろうな。
そういう風に思う。
いわゆる、「少年もの」としては、よくできた話である。
「こういう話を読めるアメリカ人は幸福だ」と英語耳には書いてあったが、
実際にそう思う。

これで、だいたいのあらすじがわかったので、英語のペーパーバックの方も
読んでみようと思う。

英語の小説を、辞書なしで読破したいという思いを実現できそうでうれしい。
(もちろん、O・ヘンリーとかの短編は読んだことあるが)

投稿者 伊雲 日時 2006年6月26日 (月) 01時56分

copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。