FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:映画
映画『永遠の法』が、全国公開中である。
もちろん、自分も何回が見に行ったが、
仕事の都合で、あんまりいけないのが残念。

本当は、何度も見たいんだけどね。

で、今回のテーマは「永遠の不思議」と「幸福の天の河」の
二大テーマソング。

最初に、「永遠の不思議」を支部で聞いたときは、
正直、「あんまりぱっとしない歌だな」と思った。
(先生、ごめんなさい)
釈尊霊示による総裁の作詞なのだが、
最初に聞いたときには、あんまり、いいとは思えなかったのが
正直な感想だった。
でも、映画で、霊界エレベータのシーンでこの歌を聞くと、
パノラマのようで、すごかった。
死ぬときに、自分の一生を見るといわれているけれど、
霊界の時間をすべて見ている感覚。
一言一言が、悟りの文言として、しみじみと入ってくる。

そして、「幸福の天の河」も壮大な時間の中を
旅をしているような気持ちになれる。
こちらは、トス神霊示で、
こんな恋愛の歌をっておもったのだが、
壮大なソウルメイトの歌なのだ。

(実は、前の書き込みで、永遠の不思議幸福の天の河
逆に書いてしまったのだが)

この二つの歌を聴いていて、やはり九次元の悟りってすごいなと思った。
経典『幸福の法』にてとかれた
「かるみ」の境地に達している感じ。

飾りはなにもないのだが、
一つ一つが悟りの言葉のように思う。

太陽の法や黄金の法の映画の歌も、
自分は結構好きなのだが、この永遠の法の歌は
格が違う。
それを、本当に感じる。
さりげないけど、深い。
それが、主の今の悟りなんだろうな。

映画も、そういう感じだったなと思う。
太陽の法とかは、全エネルギーを使って、見るような映画だったけど、今回は安心して見れたし。
落ち着いて、ゆっくりと見れた。
エンジェルXが、ミネルバのふくろうの象徴だったと
知ったのはあとでだけど、
結構、いろいろと裏設定があるんだろうな。

久留米での最終日まであと、数日あるので、
ぜひまた見に行きたいと思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 永遠の不思議 幸福の天の河 釈尊霊示 トス神霊示 九次元 幸福の� ∥斥曚遼 _�發遼

DATE: CATEGORY:音楽
槇原敬之999から、盗作したとかで、話題になっている。
で、実際に、その記事とマンガと曲を聴いたのだが、
正直、「いちゃもん」に近い気がする。

第一999の漫画がでたのは、もう30年ぐらい前の話。
そのころは、槇原は子供だったわけで、
そのころよんでいたとしても、
それは、彼の肥やしになっているだけの話で、
盗作に当たらないと思う。

それとも、あのさびを作るためだけに、
彼は999を読んだのか。
そうとも思えないし。

彼のコメントを聞いても、そんな感じだしね。
「記憶の中にあったものを無意識に使ったかも」という
コメントしているけど、
それは、「小さいころ読んだのを覚えていて、
それを使ってしまった」という
槇原のむしろ優しさをあらわしているように思う。

さびも、そこまで、「著作」という感じのものではなく、
別に999以外でも同じようなことを言っている人は
いるんじゃないの。
よくある普遍的文言に思える。

999の文言が、普遍的であったといえばそれまでだが、
どう考えてもいちゃもんにしか思えない。

槇原が謝罪する必要があるとは思えないが、
そこまで要求するんだろうか。
それだったら、999だって、そういう部分で探せばあると思う。

「すべての作品は盗作である」とかいうことばもあるけど、
過去に読んだ作品を自分なり消化して新しいものを作り出す。
それが、創作であり、ある意味、半分は模倣だと思う。

しかも、999とか、30年前のマンガでしょ?
半分、古典化しているのに。
それから、盗作とか言うこと自体、ちょっとピントがずれている。

そんなことをいったら、宇宙戦艦ヤマトだって、
大和の名前を勝手に使っているし、
盗作だって言われるかもしれないし。

なんか、999も槇原も好きなだけに、
こんなごたごたを、松本零二が、起こしたことに
少し残念な気分。

しかも「前途有望な若者の未来」とかいっているけど、
槇原はむしろ既に「大御所」の域に入りつつあるし、
前途有望も何もないきがするが。

なんか、発言がすれてる気がするのが正直な感想。

逆に槇原の真摯な対応が、大人な気がする。
「もしかしたら、記憶の中で盗作しちゃったかも」って
すごいよね。そこまで、責任感じなくてもと思う。

それ、いいだいたら中島みゆきの「地上の星」だって
「幸福な王子」をモチーフにしているし、
ぱくりと言えばぱくりだけど、誰もそんなこと言わないだろうし。

まあ、次のアルバムで、槇原が、すべてを晴らしてくれるでしょう。
期待して待ってます。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 槇原敬之 999 宇宙戦艦ヤマト 松本零二 中島みゆき

DATE: CATEGORY:ドラマ
以前、深夜にやっていたERを、見ていた。
テレビなので、当然吹き替えだったのだが、
最近、DVDでもでているので、
英語の勉強にもなるかと借りて見ている。

その中で、二つばっかり感じたエピソードがあった。

ひとつは、「グリーン」の死とカーターベントン
(第8シリーズ)
グリーンが、死ぬという展開で、
グリーン役の俳優が降板することになったシーズンなのだが、
このときに、ベントンも一緒にいなくなっている。
この二人がいなくなって、ウィーバーカーター
「ここでは一番の古株なんだから」というところで、
いろいろと考えることがあった。

最初のころのシーズンでは、グリーンとロスの対立や
キャロルがメインで、カーターは、研修医だったが、
ERはそのカーターの成長物語でもあったのだろう。
そして、グリーンから、ERという番組そのものを託される
カーター
実際の番組と、中のERとがシンクロしていく不思議な場面だった。
また、ウィーバーが「分かっていてもこんなにつらいなんて
」といっていたが、
自分も同じ感じだった。
グリーンが死ぬということは、8シーズンを見る前から
分かっていたことなのに、
実際に、そのシーンを見ると涙が止まらなくなった。
ERという番組の中で、流れていった時間は、
ある意味、自分の中で流れていった時間でもある。

カーターの成長は、自分の実人生での成長とシンクロする。
そして、見守ってくれていたグリーンを、失うことは、
カーターにとっても、そして演じているノアワイリー
自身にとっても、大きな意味のあるシーンだっただろう。
自分にとっても、グリーンの死は、予想以上につらかった。
たかが、ドラマの一出演者が死んだだけなのだが、
そう思えなかった。

この第8シーズンでは、1シーズン以来、カーターを
引っ張ってくれていたベントンも姿を消す。
この二人の降板は、ERの中で大きな事件であったと思う。
実は、カーターは、ベントンに育てられた面もある。
ドラッグ事件の時も、ベントンに導かれた。
だからこそ、ベントンとカータ-の別れのシーンを
つくったのだと思う。

そして、もうひとつは、ロマノの死である。
(10シーズン)
10シーズンを見て一番驚いたのがこのロマノの死である。
しかもあんなショッキングな形での。

自分は、実は結構ロマノが好きだった。
いやみで、いやな性格だが、
コーディウィーバーが、つらい立場に立ったとき、
いつも励ますのはロマノだった。
その、ちょっとしたやさしさが、
本当は照れ屋でああいう口を利いてしまう
ロマノの本質を垣間見させる瞬間だったと思う。
ロマノの死は、もしかしたら、視聴率の問題とか、
役者の降板の問題とか、あるのかもしれないが、
もっときちんとした形で、死なせてあげて欲しかった。

せめて、コーディウィーバーは、本気で悲しんで欲しかった。
もっと、真剣に悲しんで欲しかった。

現在DVDでは、11シーズンまで、
アメリカでは、もっと先まで、あるらしい。
どこまでいくのかわからないが、また見てみたいと思う。
個人的のは、10シリーズのアビーの活躍が大好きだ。
10シリーズは、よくできていると思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!


タグ : ER ロマノ グリーン カーター ベントン コーディ ウィーバー アビー

DATE: CATEGORY:雑記
やっぱり、旬が過ぎているな。
前の、内容も少し自分の書きたかったこととはずれているし。

まあ、しょうがない。

北朝鮮核開発問題で世界が揺れた。
本当に今、北朝鮮は最後の断末魔の叫びを上げているなと思う。

その中で、核武装について、中川政調会長麻生外相から、
言及があった。

もちろん、結果的には非核三原則維持というのが
国際社会的にも、日本国内的にも落ち着くと思うし、
それでいいと思うのだが、
「日本は作れるけれど、あえてつくらないのだ」という
意思表示をすることは大事だと思う。

先の大戦の後遺症もあって、
日本は「日本が戦争をしたのが悪かった」と思いがちだが、
国際社会というのは、弱肉強食の世界であり、
日本がしなくても、戦争は起こる。
現実に、世界では、あちこちで戦争をしている。

日本は、アメリカの核の傘の中に入っている。
この二国の結びつきが、結局世界大戦の勃発を防いでいる。

核については、日本国民全体が保有を望まないだろうし、
持つことはないだろうが、
それでも、「日本も核保有は実力的にはできる」という
ことを匂わせておくのは大事だと思う。

北朝鮮が、どこにミサイルを落とそうとするか。
戦線布告をするなら、日米韓のどこかといえば、
当然日本だろう。

もちろんそのあと、アメリカからの攻撃があるので、
あっというまに、北朝鮮はアメリカにやられるだろうが、
それでも、もしかしたら、第一撃は日本に傷跡を残すかもしれない。
もちろん、そういう思いがいけないという論調もあると思うが、
「日本に落としたらどうなるか、わかっているんだろうね」ということは、言ってもいいようなきがする。
相手は、ならず者国家である。
弱いところを狙ってくるのは、分かっているのだから。
そういう意味では、改めて日米の同盟の意味が分かる。
ここが、生命線である。
しかし、日本も言うべきことはいう国になってもいい。
戦争責任で謝るよりも、北朝鮮を安全に瓦解させるほうが、
アジアの国々にとって、日本に願うことに近いと思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!



タグ : 北朝鮮 核開発 非核三原則 中川政調会長 麻生外相

DATE: CATEGORY:教育
やはり、まずこの話題から入っていかなくてはならないだろう。

福岡県 筑前町三輪中で、中2の男の子が自殺した事件の波紋は、
教師によるいじめ」を表に出した意味で大きい。

教師によるいじめは結構あると私は思う。
教師による虐待も含めて。

学校という閉鎖された空間では何が起こっているかわからない。
教師は、評価をされない。
その甘えが、こういう結果になっていたと思う。

テレビで、校長や教頭が話していた。
それをみて、「ああ、これならありえるわ」って思った。

ふたりとも事態を、まったくわかってない。
教師によるいじめ」が「現実に行われていた」ことは、
助けるべき教師が加害者になっていることであり、
「手を抜いた」とかいうレベルの問題ではない。

おそらく、校長の謝罪は生徒の心には届いていない。
なぜなら、本当は自分たちが悪かったと思っていないからだ。
それが、画面を通しても伝わってくるからだ。

担当教諭が、体調を崩して入院したそうだが、
遅いのだ。感じるのが。
人は死んだら、生き返らない。
そんな簡単なことを、分からなかったのか。

私は、教育に携わるものとして
やっぱり、許せない。

生徒に、いろいろきくと
学校の先生のなかで、
本当にあきれるくらいのレベルの低さの人がいる。
話をきいて、唖然とする。
生徒を日常のようになぐっている先生。
生徒ががんばっている部活を、
「お前はいらない」と辞めさせた先生など。

もちろん、そうでない先生がいるのも知っている。
うちに来ている生徒の親にも、学校の先生がいる。
そういう方と面談をすると、その人格の高さに驚く時もある。

様は、先生の中にも分かっている人と
わかっていない人がいるのだろう。
分かっている人は、学校の先生で、自分の子供を
塾に通わせて、「お願いします」と言ってくださる。
分かってない人は、
「塾になんでいかんでいい。塾になんかいくやつは、
一生補欠や。」と、わざと部活を長引かせ、
生徒が塾に行くのを邪魔する人もいる。

塾を認めろとかそういうことをいう気は無いが、
「自分たちは教える側で間違っていない」という意識を捨てて欲しい。
成長しない教師ほど、生徒にとってこまるものはない。
教師が、象牙の塔で自分のヒエラルキーを維持することが
できる時代は終わったのだ。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!



タグ : 三輪中 教師によるいじめ

DATE: CATEGORY:雑記
その間不思議とコンスタントにカウンターが上がっている。
映画『永遠の法』のコメント書いたので、
それでかもしれないが。

そのことは、別で、また書きたいと思う。

更新をサボっていると、その間に書きたいことが通り過ぎていく。

今回も、いくつか、テーマを考えていたのだが、
自分の中で、旬が過ぎつつある。
ちょっと、面白くないブログになるかもしれないが、
(今でも面白いかどうか疑問ではあるが)
また、更新をしていきたいと思う。

発信をすれば、受け取る人がいる。
それが、やっぱりネットの醍醐味ではある。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく

タグ : 風邪 永遠の法

DATE: CATEGORY:映画
9月30日から、幸福の科学製作の『永遠の法』の映画が
上映されている。

信者としては、早く行きたかったのだが、
仕事の関係で土日は休めないので、
月曜日の今日に、見に行った。

で、感想はというと、多分一般の方が見ても面白いと思う。

個人的には、比べてはいけないのだが、『黄金の法』より、
分かりやすいのではないかと思う。

その理由は、いろいろとあるのだが、
永遠の法』自体が、霊界構造を書いた本であるので、
登場人物が、過去の偉人が多くて、
分からない人がいないということがあると思う。

エジソンが、最初から最後までナビをしてくれるので、
主人公たちと一緒に、霊界探訪をしている気もちになる。
また、この画像がとてもきれいだ。
「霊界ってこんなにきれいなのかな」と思った。

しかし、その中に教えが満載されている。
そもそも『永遠の法』は、以前、総裁が講義で、
「簡単に読めるようで、実は次元次元にあった、
心境を入れているので、そう簡単な本ではない」と
言われていたように、
各次元、次元で、自分がどこから来たか、
はっきりと分かる(--)
自分は、多分六次元は、頑張ればいけそうだが、
七次元は厳しいかな。
天使にはなれないかもしれない。

霊界構造が順番にあがっていくので、
ストーリーに無理が無く見れる。
そして、いったん地獄界にいって、
悪魔を倒したあと、霊界エレベーターで、
霊界を一望しながら九次元へと進んでいく、
幸福の天の河」のシーンが、すごかった。
今までの、映画が、凝縮されているようなそんな感じ。

個人的には、夏川夕子が地獄界で、
隆太を守ろうとして、ビヒモスに対して、
「立ち去りなさい」と降魔しようとした場面で心が動いた。
「愛による降魔」ということがあるのだなと思った。
盾が吉祥宝印だったし。

一般の方も安心して見れるんじゃないかな。
科学者の魂が、ずっとストーリーを絡んでくるので、
はっきりしていて分かりやすい。

ただ、小さい子供向けというより、
少し、大きくなった人向けかもしれない。

号泣するというより、「さわやかな」感じの映画。
そういう意味では、心がふさぎこんでいる人とかみると
いいかもしれない。

また、来週見に行きたいと思う。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく



タグ : 霊界探訪 六次元 幸福の天の河 夏川夕子 吉祥宝印 エジソン 幸福の科学 永遠の法

DATE: CATEGORY:教育
親野智可等氏のメルマガ『親力で決まる子供の将来』を
拝読している。
本にもなっていて、なるほどと思わされれることがある。

新しい本が出ていて、それも買う予定ではあるのだが、
メルマガの中で、面白い表現があった。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「子どもの人生は子どものもの」の11回目

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ずっと親の言う通りにやってきて、30歳くらいになって、ふと振り返ります。

あのときあれをやりたかったな、あっちに進みたかったな・・・
でも、できなかった。

それは、親がこうしろと言ったからだった。
それは、もちろん親の愛情によるものだった。

それは、分かっている。
でも・・・

そして、このようにずっと親の押しつけのもとで成長してくると、
もう1つ深刻な問題を抱えることになります。

それは、自分の人生を自分で切り開くことができなくなるというこ
とです。

自分はいったい何をしたいのか分からない・・・
自分はどういう生き方をすればいいのか分からない・・・

これをしたいというものが特にない・・・
ただ漠然と毎日を送っている・・・

引きこもりやニートが増えている原因の1つが、この辺りにあるの
ではないでしょうか?

*************************************************

以上『親野智可等氏のメルマガ『親力で決まる子供の将来』より

これを読んで、思い当たる節がある。
自分にもそういうところがある。
そして、生徒にもある。

生徒に「うちの人は、「なんで勉強しなければならない」と
言ってるの?」と聞くと、
ほとんど「いい学校にいけば、いい人生がおくれる」という言葉が返ってくるようだ。

でも、「いい人生」ってなに?っていうことには
答えている親は少ない。
というか、親でも分かってないのかもしれない。
とにかく「自分の人生より、いい人生」なのかもしれない。
それが、親の愛といえば愛なのだが。

実は、ドイツでは、この「なぜ勉強しなければならないか」ということ、
学校に入る最初に授業をするそうである。
だから、生徒たちは、「なぜ」ということが分かっている。

日本で高度経済成長の時の、「とりあえず勉強主義」は、
ようは、「この経済成長をさせるには人材がいる」ということ
だったと思うし、それ自体が間違っているとは思わない。
しかし、そのことについて、もっときちんと語る必要があると思う。

実は、ゆとり教育を推進した元文部官僚のT氏は、
ラ・サール中高出身である。
そして、著書の中で、「何で勉強しなければならないか。
わからずに、親に勉強させられた。
だから、子供たちには、無駄な勉強をさせたくないのだ」ということを、著書で書いておられた。
この思いの根底にも愛の思いがあるのかもしれない。
一種の優しさなのかもしれない。
しかし、これは、毒を含んだ優しさである。
この優しさを養分として成長すると人は枯れてしまう。
この教育のことを、「ルサンチマン(うらみ)による教育」と
渡辺昇一氏は、以前英語教育の論争の中で
呼んでおられた。
いまのゆとり教育の中に、この「毒をふくんだやさしさ」があり、
そして、それが、結局、ニート母原病の原因になっているように思う。

これからの子供は、今まで存在しなかった新しい世界を
生きなければならなくなる。
そして、その中を生き抜くタフさを身につけなくてはならない。
人生は、切り開くもの。
そう、厳しいものである。
たとえ、高学歴でも、親の思うような楽な人生など
おそらくおくることはできない。
子供のことを思うなら、社会の荒海の中を
漕ぎ出す力を与えてあげなくてはならない。

「勉強だけしていればほかはどうでもいい。
 いい学校にいけば、いい人生をいくれる」という
考え方も極端。
そして、「勉強なんて必要ない。
努力なんかする必要はないのだ」という考え方も極端。
両方の極端には、幸福への道はないのだ。

「地獄への道は、善意で舗装されている」という
言葉がある。
周りの人が、いいよいいよと、温室で育てた子には、
地獄への道しかない事を、親も教師も教育に携わるもの
全員が、心に刻まなければならない。
「教育」とは、かくのごとく厳しく、
そして、かくのごとく、神聖な世界でもある。
「人を育てる」ということは、
聖なることであることを、もう一度認識すべきであろう。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく



タグ : ニート 母原病 親野智可等 やさしさ 渡辺昇一 ルサンチマン

DATE: CATEGORY:雑記
愛媛 宇和島臓器売買について、大きな波紋を呼んでいる。

日本で、「臓器売買」が正式に罪として摘発されたのは初めてである。
臓器移植には、この問題がいつも付きまとう。

今回の報道を見ていると、
「「生体移植」ではなく、「死後移植」を増やすべきだ」
という論調を見かけることがあるが、
それは、おかしい。

臓器売買は、生体移植だけではなく、
死後移植の時にも、当然ありうる。
15歳未満の脳死移植が、現在認められていないのは、
「親による虐待死」による臓器売買の危険性があるからであり
外国では、この闇売買ルートがあって、
親が虐待して死なせた子供をうるというとんでもない状況が
起こっている。

今回のケースもそうだが、基本的に、移植に関して、
ノーチェックだったことじたいが問題なのである。
生体移植だろうが、死後移植だろうが、
まず、ドナーをきちんと調べて、問題が無い状態で
移植をするのが、移植の当然の前提だろう。
誰のかわからないそんな状態で移植した方も移植したほうである。
むしろ、その倫理観があきれる。

脳死による移植は、霊的には問題がある。
脳死の状態では、霊的に死んでいないからだ。
だから、幸福の科学では、
現在の状態での脳死移植は反対している。
誤解をしてほしくないのだが、
ドナーが霊的知識があり、菩薩行として臓器を提供する場合には、
本人の意思でしてもかまわない。
ようは、霊的にはまだ生きていると感じていて
霊糸線が切れていない者から、
臓器を摘出するために、
死を早めることがいけないといっている。
それは、死後の世界への旅立ちを妨げる。

昔の人は、経験上知っていたので、
24時間おいて、お通夜をしてから、
斎場で火葬していたのだ。
最近は、死んですぐ焼いたりするので、
時々、釜の中から、声らしきものがすることがあるそうだ。
(こわいはなしだが、事実あるらしい)

話が、脳死移植の問題にそれたが、
死刑囚などの臓器が売買されている国もあるらしい。
日本でそういう魑魅魍魎な問題がおきないことを願う。

再生医療など、移植に頼らない医療の技術も進歩しつつある。
もちろん、移植に頼らなければいけない患者が
多数いることも分かっている。
しかし、そのために、
死を早めたりすることがないように、
そして、闇ルートがさかえ、親が子供を売るようなことが
起こらないように願いたいものだ。

FC2 ブログランキング参加中 よろしく

タグ : 臓器売買 愛媛 宇和島 幸福の科学 死刑囚


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。