FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:教育
受験も間近になってきた。

いろいろと不安になっている人もあるだろう。
人生の最初の試練であるので当たり前であろう。

この不安の時を以下に過ごすか。
これが受験で大事である。

勝海舟の言葉に、
「智慧は尽きるときもある。そのときは、度胸だ」というものが
あるそうだが、
やっぱり、最後は度胸である。

「自分はこれだけやったので、大丈夫だ」と思い込む。

クーエの法則というものがあって、
「私はあらゆる点で、かならず、良くなる」と言っていると、
実際に潜在意識がそれを聞いて、働くそうである。

だから、この時期、声に出して言って欲しい。
「自分は必ず合格する」と。
できれば、鏡を見ながらガいいらしい。
そして、自分が解いてきたテキスト等を見ながら、
「これだけやったのだから、大丈夫」と暗示をかけてほしい。

正直、受験を最後に分けるものはなんですかと言われると、
「根性と気力です」と答えるだろう。

最後は、精神力だ。
「ぜったいに自分は通るに違いない」という
そういう確信である。

実際に、受験は、ボーダー上に一番生徒がいるわけで、
そのメンバーより、一点でも多ければいいわけで、
一問、二問で、で、受験は決まる。
だからこそ、最後は度胸である。

どうか、受験生のみなさん。
「最後は、度胸」だ。
がんばってください。

                 伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 勝海舟 クーエの法則 潜在意識

DATE: CATEGORY:教育
うちの塾に、小学一年生の男の子が来ているのだが、
これが、一学期の間に、公文式にいっていた子なのだが、
ひらがな、カタカナ、そして漢字の書き順が
めちゃくちゃなのである。

しかも、これは公文ではなく、学校でやっているらしいが、
速読で40回ぐらい教科書を読ませているとかで、
きちんと読むこともできない。
とばし読みをして、助詞とかをよまないので、
文意をつかむことがとても下手である。

小一の国語などは、はっきりいって、
「きちんと読めて、きちんと書ける」生徒であれば、
満点もとれる。
しかし、彼は、「読まない」し「かけない」のである。

で、公文で書き順をあまり教えてもらえなかったようで、
まちがった書き順で覚えてしまっているので、
この矯正がなかなかできない。
しかも、漢字も我流で覚えてるので、
書き順がまったくあさってだ。

自分も、低学年は、公文でいいと思っていたが、
どうやらそうでもないらしい。
公文では、繰り返しさせる。
そのこと自体は悪いことではない。
むしろ、いいことである。

しかし、特に小一の子などは、最初に間違ったものを
教えると、それを何度も練習することになる。
そうすると、結局、努力逆転になる。
やればやるほど、だめになるわけである。

基本的には、低学年のころは、
かなり手がかかるし、また、手をかけなくてはならない。
この時期に、急がせると、結局よく理解しないまま、
文章を適当に読む癖がついてしまう。
そうすると、高学年になって、文章題がでてくるところで、
文章を読めないで、とけない。

公文式を受けている生徒に、
文章題を解くことを苦手としている生徒が多いことは有名だが、
それは、やっぱり作業レベルだけ解いてしまい、
「どうしてそういう答えになったのか」というチェックが
無いからであろう。
そういう勉強をしていると、結局思考力が身につかないのである。

だから、特に、低学年のお子様を持っておられる方に申し上げたい。

1)ゆっくりと丁寧に文章を読み取る能力を見につけさせること。
2)音読をして、音声を自分の頭で再現できるようにすること。
3)正しい筆順をきちんと覚えさせること。

まとめれば、「ゆっくり丁寧に」ということである。
速読とか流行ではあるが、それはある程度のレベルに達した
生徒に対してはかまわないが
低学年の子供たちにそれをやると、
余計混乱をさせることもある。

エジソンやアインシュタインも小学生のときはのろまと言われた。
しかし、母親が根気よく教えたことで、天才になった。
「三歳で能力が決まる」とかいう無責任な言葉に、
あんまり惑わされてはいけない。
ものごとは、まず「正確に丁寧に」が原点である。
最初は、時間がかかって当たり前である。
そして、それができるようになってから、「早く」である。
正確にできるようになる前に、あんまり早くさせようとすると、
結局は、ぜんぜんできない子供を作る可能性がある。

子供の教育には手間がかかるものだ。
だから、親御さんが一緒にいて、ゆっくりと歩くことが、
結局は一番の近道になるのだ。

               伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!




タグ : 伊雲 公文式 速読 低学年

DATE: CATEGORY:音楽
紅白歌合戦の曲が決まった。

特に目玉も無い今年の紅白を成功させるには、
「歌への回帰」をするしかないと思っていたのだが、
その流れになっているようだ。

「歌を聴く紅白」を作らねば、結局だめだと思う。

今の30代ぐらいの人には、まだ、紅白を見るカルチャがある。
きちんとした歌を聞かせれば、見る可能性があるのは、
昨年の「渡辺美里」の例を引けば分かる。

そういう意味では、若者を取り込みたいという
NHK側の気持ちも分かるが、
JーPOPでも、きちんと聞くことができる歌を選ぶべきだろう。

そういう意味では、スキマスイッチとかがでるのは言いと思う。

例えば、昔、「ORANGE RANGE」が、ロコ・コーションを
歌ったが、あの年には、「花」もヒットさせていたので、
そっちのほうが紅白には向いていたように思う。

まあ、今年みるか見ないか分からないが、
よいうたを聞かせて欲しいと思う。

                伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 紅白

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
6カ国協議が始まっている。
北朝鮮にとっては、
「制裁解除」と「軍縮」を目的にしたい
そんな会議である。

アメリカがそんなに簡単に制裁解除をするとは思えないが、
分化会で、日本だけのけものされている雰囲気もある。

まあ、北朝鮮からすれば、日本はアメリカに従うと思っているし、
早く、なんとかするためには、日本は邪魔でしかないから、
そうだろうと思う。

だからこそ、日本は、筋を通すべきだ。
おそらく、個々で、北朝鮮の目論見が通ってしまうと、
拉致された人は、帰ってこないだろうし、
北朝鮮という国で、苦しんでいる人々も、
そのまま苦しむことになる。

中国とか韓国とかのいうことは無視して、
日本は「拉致の解決無くば、経済制裁解除は無い」で
いいのだろうと思う。

ここは、国際連盟を脱退した「松岡洋右」ばりに、
納得できないときは、机を蹴飛ばしたりして、
議場を後にするのもいいかもしれない。
松岡洋右は、あんまりすきではないが)

ならずもの国家の北朝鮮に対して、
「日本人的人のよさ」は通用しない。
その力量を問われることになるだろう。

北朝鮮の崩壊、中国の崩壊が、未来へ向けて、早くなされる
必要がある。
誤った思想のもとに生まれた国は、やはり、滅びるべきである。
それが、結局は、その国の国民のためになるのだから。

                伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 北朝鮮 松岡洋右 アメリカ 経済制裁解除 国際連盟

DATE: CATEGORY:教育
入試が近づいてきている。
先週も書いたが、この時期不安な夜をすごしている受験生も多いだろう。

この時期、そういう受験生がこのブログを見るかわからないが、
一点だけ、アドバイスするとすれば、
「基本テキストを何度も繰り返しやりなさい」ということだ。

おそらく、どの塾でも、今は、過去問とかやっていると思う。
中学受験の入試問題は、結構難しいので、
この時期にやると自信をなくすことが多い。

この時期に、必要なことは、当たり前のことを当たり前にできるようになることだ。
つまり、おそらく、どこでも、基本的なテキストというのが
あると思う。
それを徹底的にやりこむのである。

入試とは言え、そのほとんどは、そう難しくない問題だ。
難しい問題は、解けなくても受験には通る。
このことは分かっていても、やっぱり不安になって、
いろいろな学校の過去問とかをやってみたくなる。
そして、できなくて不安になる。

それは、これからの時間で、どれだけ伸びるかを
実感できないからだ。
受験直前の生徒の成績の伸びは、すごいものがある。
「火事場のバカ力」というかなんというか。
だが、その基本となるのが、「基本テキスト」である。

自分が担当しているメンバーでも算数が苦手なメンバーには
「とにかく、基本テキストを何度も解け」といっている。
基本テキストを何度もとくことで、不思議と応用力もつく。
基礎なしに、思考力や応用なんてできないのである。
不思議なことに基本をやらせているのに、
応用問題が分かるようになっていくのである。

だから、今不安な人は言っておきたい。
「基礎テキストを何度も何度もやりなさい」と

この作業は、自信にもつながる。
「自分は、ここに出ている問題なら、絶対に解ける」という
問題があるということそのものが、
受験の時の安心感につながるようだ。

「急がば回れ」、永遠の真理である。
何度も何度も、繰り返し繰り返しやる。
この「復習の徹底」が、結局、成績アップの王道であり、
最後の手段なのだ。

変なものに引っかかって時間を無駄にするより、
何度も何度も、同じ問題をし続ける。
それが、結局は、学習の本道である。

             伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!


タグ : 伊雲 塾講日記

DATE: CATEGORY:教育
教育再生会議で、社会人をもっと教師として考えることが
提言されているようで、
基本的には、賛成である。

でも、やっぱり、この視点には、「塾講師」の存在は、
無視されているように思う。

塾講師の学校への登用は、
学校への経済原理の導入にもなると思う。

塾講師は、結構鍛えられる。
なぜかというと、生徒は辞めるからだ。学校と違って。

じゃ、生徒にこびればいいか。
これもNOである。
これだと、保護者が辞めさせる。

つまり、塾講師には、生徒にも保護者にも満足してもらえる。
そういう「顧客満足度」が必要になる。
学校での教師の評価システムについて、
反対が多い。
しかし、生徒のアンケートと成績を加味すると
結構正確な評価が出るのも事実だ。

「授業も楽しく、成績もあがる」という至難の業を、
クリアしていかなければならないのが
塾講師という仕事である。

自分は、学校の教師が、生徒から評価させるシステムそのものは、
確かに、教師の権威を失墜させる危険性があるが、
なんらかの評価のシステムを作ることは必要だと思う。

自分は、学校の中に、現在の社会の当然のシステムを
入れることは必要だと思う。

そういう意味では、塾業界での教師の研修も悪くない。
現実、そういう学校も増えているようだ。
風通しをよくして、
時代から遅れてしまった教育現場を、
社会の常識に近づけるべきだと思う。

                      伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!


タグ : 社会人教師 教育再生会議 顧客満足度

DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
世界名作劇場が復活するらしい。
その復活第一弾に選ばれたのは、「レ・ミゼラブル」である。
なんでも、少女スコットの視点から描かれるようで、
タイトルも、「少女スコット」とかいうことになるらしい。
ジャン・バル・ジャンの話は、回想とかで出てくるのかもしれない。

レ・ミゼラブル(ああ、無常)と聞いて、自分が思い出すのは、
ジャン・バル・ジャンがまだ、若いときに司祭の家に泊めてもらったときに、
銀の食器を盗んだのだが、それがばれたときに、
司祭から「それはあげたのだ」と言って、許され
そして、人生を真剣に生きることを諭されるシーンである。
人生には、そういう邂逅の瞬間がある。
宗教的には、回心ということになるのだろうが、
自らの罪を悔い改め、そして、彼は市長になる。
そういう瞬間が、主より与えられたということだろう。

このことを書いていて、ふと思い出した話がある。
それは、O・ヘンリーが書いた、「金庫破りのジミー
(原題:取り戻された改心)だ。

この話は、小さいころ学研の学習の付録についていた物語集の
中にあって、
多分初めて自分が本当に感動して読んだ話だと思う。

この話は、金庫破りをしていた青年ジミーが、
ある女性に恋をする。
そして、金庫破りから、足を洗うことを決め、
そして、その道具を処分しようとしていたときに、事件が起こる。
その女性の娘が、金庫に閉じ込められてしまうのである。
自分なら、金庫を開けて、女のことを助けることができる。
しかし、そこには、彼を追い続けていた刑事もまたいた。
助ければ、彼は逮捕されてしまう。
その葛藤の中で、彼はどういう選択をするのか・・・。
その結末は、どうか原作を読んで欲しいものだが、
人間の良心というものが、自己保身との戦いの中で、
どういう形で現れるかを見事にあらわした作品であると思う。
そして、最後に、刑事が残す一言がまたいい。
へんりーの傑作のひとつだと思う。

こういうキリスト教的な価値観が強く現れている
「改心」という現象。
自分は、どうもこれに引かれる。
だから、教師などというやってもなかなか報われない仕事を
続けていけるのかもしれないが。

さて、世界名作劇場の復活に際して、
おそらく、「ハイジ」や、「ラスカル」「フランダースの犬」とかを
思い出しておららる方も多いだろう。
しかし、世界名作劇場には隠れた名作がある。
それが、末期の名作と言われている「ロミオの青い空」である。
この物語は、ミラノを舞台に「アルフレド」と「ロミオ」という少年の、友情を描いた作品なのだが、
この中には、「学ぶことの意味」「生きるということ」「死ぬということ」など、人生で学ぶべきことがたくさん詰まっている。
どうか、一度は見ていただきたい作品である。
この作品を見ていれば、少なくとも、自分の人生を粗末にしようとは、思わないように思う。

「日本昔ばなし」が折角復活したのに、
視聴率の問題で、また、なくなったようだ。
どうか、いい作品を作って、
一時期のようなブームを巻き起こして欲しいと思う。

                伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 世界名作劇場 ロミオの青い空 レ・ミゼラブル ジャン・バル・ジャン 金庫破りのジミー O・ヘンリー ハイジ フランダースの犬

DATE: CATEGORY:教育
受験前一ヶ月を切ろうとしている。
このころこになると、いろいろと違う状況が起きてくる。
できないメンバーはあせりだし、
そして、できるメンバーに起こってくるのが、この慢心である。
上のクラスの生徒は、判定ほとんどAだったりする。
そうすると、みるみる勉強する意欲がうせているのが分かる。

下のクラスが必死になっている反面、
上のクラスには、このたるみ、ゆるみがでてくる。
人間は、ふしぎなもので、だめだと思うと何とかしようとするが、
絶対に大丈夫だとか言う判定がでていると
自分では、一生懸命やっているつもりでも、
無意識の中で、「もう大丈夫」という意識はたらくのか、
やっぱり、勉強する密度が落ちていくのが明らかに分かる。
うさぎと亀の逸話はやはり、本当で、なかなかやっかいなものだ。
もちろん、速いのはうさぎなんで、
おしりに火をつければ大丈夫なのだが、
火がつかないまま気がつくと12月がすきで、
あれよあれよというまに順位が下がるやつがいる。
ほかのものが、死に物狂いで勉強しているそのときに、
あそんでいれば、当然そうなる。
やっぱり、この受験一ヶ月前の真剣さというのは、
多少の才能を乗り越える力がある。

とは、いったものの、やはり亀は亀。
なかなか、のびきれずに終わることもいる。
本当に、受験は一寸先は闇。
毎年、毎年、心臓に悪い日々が続くことになる。

まあ、今年はおおごけは無いはずだが。
こればかりは、ふたを開けてみないと分からないところがあるから。
あとは、神に仏に祈るばかりである。

生徒に言っている。
困ったときの神頼みはだめ。
 でも、本当に本当に困ったときは神頼みしなかなろう?」
そう。
神でも、仏で、イエス様でもいいので、
(天上界ごめんなさい)
全員通してくれ!と叫びたくなる。
困ったときは神頼みである。

                       伊雲

FC2 ブログランキング参加中 よろしく!

タグ : 慢心 うさぎと亀 イエス様 困ったときの神頼み


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。