FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:教育
1月5日の、筑陽学園中の入試を皮切りに、
福岡県の中学入試が始まった。

今年の問題をいくつの学校化見てみたが、今年も、どちらかというとオーソドックスな問題が
中心のようだ。
そして、その中に、一問二問思考力の要る問題が混ぜてある。
そんな感じである。

このことは、実は予想していた。
昨年もそうだが、今年、期をてらった問題ではなく、
オーソドックスな問題が出るだろうと。
そして、その中に、「良い難問」が入れてあるだろうと。

それは、結局は「脱ゆとり」の中で、学校がどういう生徒をとろうとしているかを
示している。

要は、きちんと努力している生徒、その上で、難問にも取り組む思考力のある生徒。
そういう力を持っている生徒を望んでいるのである。

単に頭がよいだけではなく、「努力している」という点を見れる問題が多い。
まだ、始まったばかりなので、なんともいえないが、
今年は、「しっかりしら」問題が多いのではないかと推測している。

明日は、福岡女学院の入試。
そして、いよいよ難関校へとすすんでいく。

さてさてどうなるか、これからが、胃の痛い季節である。
『伊雲の塾講日記』(ID:0000231728)
右上からメールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

ブログランキング、参加中↓よろしく!
DATE: CATEGORY:音楽
実家に帰ってきてから、ずっと紅白を見続けているのだが、
正直にいって、昨年は美里がでるから、その前はユーミンその前は中島と
珍しく出る人たちを目当てに、見ていたというのが本音である。

今年も、再結成の「あみん」と槇原を目当てで見ていたのだが、
今年の紅白は一味違っていた。

その大きな力は司会の鶴瓶さんだと思う。

鶴瓶さんの司会を見ていると、
「ああこの人は、本当に歌を愛して、紅白を愛しているのだな」と
思わされた。

コブクロやささだまさしの紹介のときに、もらい泣きした人も多かったのではないだろうか。

「アイドル系」は別にして、歌に比重がかかっていて。
「歌番組」として、よかったと思う。

今までの司会は、「視聴率を上げるため」にいい紅白にしなければならない。
という、そういう感じがあったが、
鶴瓶さんの司会を見ると、「歌そのもにこれだけ力があるんだな」と思わされた。

しかし、最近、思うのは、やはり演歌勢の歌唱力の低下。
テクニックは確かにうまいが、心が伝わってこない。
むしろ、コブクロなどの若いメンバーのほうが、歌に力があった。
ラジオから聞こえてきても、おそらく、聞かせてしまう力があった。

そういう意味では、ベテランのひとの方が、「うまへた」になっている気がする。
紅白が輝いていたころ、小学生の自分にとっても、演歌も十分魅力的だった。
しかし、今の子供たちは、演歌に魅力を感じるのだろうか。
それは、演歌が悪いのではなく、
演歌を歌う人たちが歌に対する真摯な思いを
失っているからではないのかと思わされる。

今回の紅白は、本当によかったと思う。
紅白を見ながら涙ぐんだのは、久しぶりである。

辛島美登里が、「サイレント・イブ」を歌うときは、今でも緊張するといっていた。
「まっしろな」という部分が、ちゃんと歌えるか。
歌えないときは、自分の心が、この歌を歌うに値しないほど、
純粋じゃなくなったのではないかと思うらしい。

正直、そういう風に思ってほしい出演者もいたと思う。
紅白のこれからを担っているのは、
そういう歌に対する真摯な態度なのではないかと思う。

鶴瓶さんに本当に感謝したいと思う。
「スジナシ」も、すごかったけど、この人すごいなぁ。
『伊雲の塾講日記』(ID:0000231728)
右上からメールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

ブログランキング、参加中↓よろしく!


DATE: CATEGORY:教育
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年は、記念すべき平成20年。
この年に、多くの人々に、愛の光が届きますように。・

                    管理人 伊雲

copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。