FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:アニメ・マンガ
映画で「ひぐらしのなく頃に」のDVDが連絡できたので借りてみてみた。
「ひぐらしのなく頃に」は残虐性が強く、アニメ版の放映時に似た事件がおき、
放送が中止されたことがあるいわくつきの作品である。

自分自身は見たことがなかったので、映画化をよい幸いと見てみることにした。
映画は、ゲームの鬼隠し編を基にしている。

だから、映画だけでは頭の周りに????になってしまった。

それからアニメ→ゲーム(オリジナル)→コミックと深みにはまりつつある。

しかし、このゲームどこを切り取るかでまったく色彩が変わる。
もし、手をつけるなら、最後の「祭囃子編」まで必ず行ってほしい。
そうしないと単なる推理ホラーで終わってしまう。
しかし、解答編に進むにつれ、人の心の中にある闇とそれを超えようとする光の
戦いであることがわかって来る。

問題編(鬼隠し編・綿流し編・祟殺し編・暇潰し編」の中を中心にしめるのは
なぞと悲しみである。
なぜそういうことになってしまうのか。
その問いかけの答えが解答編に示される。

なぜ、これをブログで取り上げたかというと、
雛見沢症候群自体が、現実の世界でもありうる。
というか真理の立場から見ると、悪しき霊存在からのまやかしと
つながる部分がある。
そして「信じる心」がそれを打破していく。
その流れは決してゲーム中だけの話ではない。

劇薬指定なので、すべての人に進められるものではないが、
「人間の心の奥底とそれをこえていくこと」について
関心があるひとにはトライしてほしい。
ただ、はじめたからには、最後まで遣り通してほしい。
途中で投げ出したら、この物語の本質はわからない。

これは、私からの警告(笑)

ちなみに、自分は、罪滅ぼし編が一番好きだ。
みなさんは、いかがだろうか。


DATE: CATEGORY:教育
先日塾の同僚と話していて面白いw台にぶつかった。
文部科学省のおこなった全国統一テストで、大阪が下から何番目かだったので、
橋下知事が大騒ぎしている。
それ自体は、私はよいことだと思うが、実は「抜けている視点」があるというのである。

さてそれはなんだろうか。

それは、「大都市圏ほど私立中にいっている人数が多いので、
単純にいえない」
ということである。

確かにそうだなと思った。
そう考えると第一位が東京ではなくて秋田なのもわかる気がする。
どう考えても秋田より東京のほうが学力が上だと思うのに、
秋田のほうが上だったので、へえとおもっていだのだが、
様は私立中に行っているメンバーがデーターには考えられていないということらしい。

なるほど、それで福岡が低い理由もわかる。
福岡も、私立に行く比率はそんなに高くない。
しかも公立中は、日教組の力が強い。
そうなると当たり前かも知れない。

データを見るときには、ぞの前提をつかまいといけないと
改めて思った。

DATE: CATEGORY:教育
2009年度より新学習指導要領の移行措置が開始される。
2009年から授業に増加される単元は以下のとおり。

(1)中学校数学
?中1
◎2009年度…数の集合と四則計算の可能性、文字を用いた式による表現や読み取り、不等式、平行移動・対称移動・回転移動、球の表面積と体積、関数関係の意味、資料の散らばりと代表値
 ※週時間数を3時間から4時間へ(2010年度以降同じ)
?中2
◎2009年度…円周角と中心角の関係を削除(中3へ移行)、先行実施はなし。
 ※週時間数は3時間と変更なし(2010年度以降同じ)
?中3
◎2009年度…先行実施はなし。(週時間数も変更なし)

?中1
◎2009年度…力とばねの伸び、重さと質量の違い、水圧・浮力(アルキメデスの原理は含まず)、粒子のモデルとその運動、種子を作らない植物の仲間、断層
 ※週時間数は3時間と変更なし(2010年度以降同じ)
?中2
◎2009年度…先行実施はなし。(週時間数も変更なし)
?中3
◎2009~2010年度…力学的エネルギー、水溶液とイオン、電子と原子核、陽子・中性子、イオン式、遺伝の規則性と遺伝子・DNA、月の運動と見え方
 ※週時間数は2.3時間から3時間へ(2010年度まで)

(1)小学校算数
?小1
◎2009年度…簡単な3位数、簡単な2位数の加法と減法、面積と体積の比較、時刻の読み方
 ※週時間数を3.4時間から4時間へ(2010年度以降同じ)
?小2
◎2009年度…簡単な3位数の加法と減法、時間の単位、正方形・長方形・直角三角形、箱の形
※週時間数を4.4時間から5時間へ(2010年度以降同じ)
?小3
◎2009年度…4位数の加法と減法、3位数に2位数をかける乗法、重さの単位 t (トン)、二等辺三角形・正三角形・角・円と球
※週時間数を4.3時間から5時間へ(2010年度以降同じ)
?小4
◎2009年度…四則計算の結果の見積もり、小数と整数の乗法と除法、そろばん(加法と減法)、直線の垂直と平行、平行四辺形・ひし形・台形、立方体・直方体、直線や平面の垂直と平行
※週時間数を4.3時間から5時間へ(2010年度以降同じ)
?小5
◎2009年度…同じ分母の分数の加法と減法、ひし形・台形の面積、多角形、図形の合同
※週時間数を4.3時間から5時間へ(2010年度以降同じ)
?小6
◎2009年度…異なる分母の分数の加法と減法、メートル法の仕組み、拡大図と縮図、文字を用いた式(a,xなど)
※週時間数を4.3時間から5時間へ(2010年度以降同じ)

(2)小学校理科
?小3
◎2009年度…身近な自然の観察、物と重さ、風やゴムの働き
?小4
◎2009年度…人の体のつくりと運動、水の三態変化、天気による1日の気温の変化
※週時間数を2.6時間から3時間へ(2010年度以降同じ)
?小5
◎2009年度…水中の小さな生物、鉄心の磁化、電磁石の強さ
 ※週時間数を2.7時間から3時間へ(2010年度以降同じ)
?小6
◎2009年度…おもな臓器の存在、食べ物による生物の関係、電気による発熱、火山や地震による土地の変化、月の形と太陽の位置、月の表面の様子
※週時間数を2.7時間から3時間へ(2010年度以降同じ)

(3)その他特記事項
?英語…2009~2010年度の導入に関しては、各学校の判断にゆだねる。
?社会…47都道府県の名称と位置を覚えることを追加する。

  引用 ブログ「新学習指導要領2009年度より実施 ~主要教科改定内容と問題点~」より

来年度、つまり今度の4月からこれだけの変更が行われるのに、
それに対して、塾業界も学校も動きが鈍い気がする。
特に、理科に関しては、このブログの作者が「数学並みの時間をとらなければ消化できない」
といい手いるがそれに賛成である。
1989年当時のカリキュラムがかなり復活しているので、
さてさてというところである。

特に学校で気になるのが、
「若い教師の中には中学校でその単元を習っていない」
「あるいは授業をしたことがない。」という教師がたくさんいると思う。
30代後半から上の世代は授業を受けたこともあるし、ぎりぎり授業をしたこともあるだろうが、
それについても大分前の話である。
さあこの「教師の教育」をどうしていくのか。

ゆとり教育のつけが現れてくるのはこれからだ。

copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。