FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
100年来の大恐慌が来るなどといって騒いでいる。
しかし、その原因はマスコミにある。
現実には、日本の経済的な影響は他国に比べれば少ない。
なぜなら、日本はバブル崩壊(いやないいかただが)を経験し、
不良債権の処理が終わっている。
アメリカはこのときの日本のモデルを基に、救済策をしている。
用は、現在世界を救える国は日本しかいないのだ。

しかし、日本人は、自ら首を絞めている。
その根本にある心理を、主は先のバブル崩壊の際、お説きくださっている。

私たちが前提として知っておかなければならないことは、
「先のバブルはバブルではなかった」ということである。
実際に日本の経済は強かったのだ。
ただ、成金的な発想があって、日本人はその繁栄を恐れたのである。
その根底には、
・日本がアメリカを追い抜いて世界のリーダートなることへの不安
・急に力を伸ばしたものへの嫉妬心
この二つがあり、特にマスコミによって、「バブルはいけない」キャンペーンがなされ、
現実に、バブルがつぶされていった。
バブルは「崩壊」したのではなく、「叩かれ、つぶされた」のである。

それから、10年間、失われた経済損失は計り知れない。

そして、いま、また同じことを、マスコミも、財務省も繰り返そうとしている。

今、必要なのは、日本人が負のメンタリティを克服することだ。
成功しているものへの嫉妬心を、祝福の気持ちに変え、
「日本が繁栄することは悪である」と思っている潜在意識を変えなくてはならない。

今こそ、バブルを再び起こすとき。
規制を緩和し、自由主義的経済をもとに繁栄させるべきときがきた。
そして、通貨流通量を増やし、インフレを起こすのだ。
そうすれば不況なんて一発で飛んでしまう。

上げ潮派では、生ぬるい。津波を起こすのだ。
日本発の経済津波だ。
繁栄の津波を起こして誰が嫌がるというのか。
もっともっと円を刷ればいい。
日本は、アメリカ以上に担保がある。
それは、世界の国々からの信用である。
アメリカといジャイアン国家の基で、
繁栄を築いてきたその歴史そのものが
担保になっている。
だから円を刷っても、円の価値が下がったりしない。
実際にアメリカ経済がおかしくなったら、
世界は日本に頼りだしている。

今こそ、日本人は嫉妬心を克服し、繁栄の津波を起こすべきだ。
バブル復活。それこそ、日本を、世界を救う道であるのだ。
DATE: CATEGORY:雑記
今年の誕生日は、自分の意識が少し変わっていた。
それは「この魂修行を与えてくださってありがたい」と
心のそこから思えたことである。

決して今現在楽な状態ではない。
しかし、それも含めて、
自分の魂を鍛えるために必要であることがわかるのである。

そういう人生をそもそも与えてくださったことに感謝を返すことができた。

味わい深い誕生日だったと思う。
DATE: CATEGORY:教育
■「京大工学生はゆとり世代から学力低下」
 ここ数年で、京都大学の工学部学生の学力が極端に落ちてきています。これまでは思いもしなかったことが進行しているようです。試験不合格の割合が1年で4倍に 大嶌幸一郎(おおしま・こういちろう)氏 京都大学工学研究科長・工学部長 1947年3月兵庫県生まれ、61歳。70年、京大工学部工業化学科卒業。75年に、京大博士課程学修退学後、米マサチューセッツ工科大学博士研究員。 77年から京大工学部助手、84年、同講師、86年、同助教授を経て、93年、同教授となる。2008年4月から工学研究科長・工学部長兼副学長を務める。工学博士。専攻は材料化学
 工業化学科の1学年は235人。従来、私の授業では1割程度が単位を落としていました。ところが、現在の3年生から急に4割ほどの学生が単位を落とすようになりました。
 有機化学の授業で工学生にとって特別に難しいことを教えているわけではありません。2つの薬品を混ぜ合わせたらどうなるかといったことです。同じように授業をし、同じように試験をしていたのに、明らかに従来と違っている。
 思い当たる理由は「ゆとり教育」です。2006年度に入学した学生は、ゆとり教育が本格導入された第1世代なのです。噂には聞いていたけれども、授業で学生を見ていても分からなかった。出席率は従来と変わっていなかった。学生が授業内容を十分に理解できていなかったということなのです。試験で半分弱も落ちるのは明らかにおかしい。
 学生の課題に対する応用がほとんど利かなくなっているのです。考える能力が落ちていることを懸念します。それが、今では、学校の先生が手取り足取り教える。例題をいっぱいこなして、暗記していく。自分なりの勉強の仕方が確立できない。
 1970年頃は、医学部に入学する学生の入試の最高点よりも、工学部の学生の最高点の方が高いこともあった。その頃から比べると学生の数は半分になりました。かつて京大に入れなかったレベルの学生が入れるようになったのかもしれません。
 長期的に見ると、京大工学生の学力は低下傾向ではあったのですが、ここに来て急に下がってきている印象があります。
 どの先生も実感されているのではないかと思います。もしかすると、研究室に学生を迎えて、初めて気がつく方もいるかもしれない。全国で進んでいるのではないでしょうか。学力低下の勢いたるや大きいはずです。
 本来、勉強にゆとりは必要ないのです。「鉄は熱いうちに打て」。スポンジのように知識をどんどん吸収する時期があるのです。後からでは間に合わない。日本の教育の間違いはかなり長い期間、尾を引くと思いますよ。

                             教心ネットより

おそらく、すべての大学で起こっている現象であると思う。
九州大学は、AO入試の廃止を提言しているが、
しかし、それ以前に「学生の根本的な学力の低下」が起こっている。

そもそも受験は「定員に対する判定」なので平均点が下がっていても、
「今回のテストは難しかったのだろう」という風に捕らえられる。
そして、上から順に「人数で」切られる。

しかし、この記事の恐ろしさは、
「毎年、同じ基準で切っていて、ゆとり世代から単位を落とす人が1割から4割に増えた」という
点である。
つまり、学生のレベルがかなり下がっているということであり、
本来、京都大学に合格しないレベルで、京都大学に合格しているメンバーが
かなり増えているということを示している。

さらに恐ろしいことに、その影響は「始まったばかり」だが、ゆとりが転換されたのは、今年のことで、
それまでの学生、「約十年近くの間、この傾向は続く可能性がある」ということである。

ゆとりが転換されたとはいえ、新カリキュラムで完全に習うのは、来年度の小1からであり、
それまでの世代は、来年度の学年からしわ寄せを受けながらの学習になる。

書きながら、恐ろしくなってくる。
この責任は誰が負うのか。

日本人の全体の意識を変えなくては、いけないとききている。

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
大川隆法総裁の著書「朝の来ない夜はない」が発刊されていた。
「されたいた」というのは、発売延期に一回なったあと、
その後発刊日を確認しないまま、気がついたら発刊されていたという
まあ、信者としてはなんということと怒られそうなことだが。

読んでみると、前回以前に投稿した内容につながっていて、
自分の学習もそんなにずれていないのだなという自信と(^^)
こういう小さいブログでも、指導って入っているんだな、という発見であった。

それはさておき、
この経典の中で示されている未来像は、今のマスコミの未来像とは別である。
しかし、納得できるものはこちらである。
マスコミは何とかして、麻生総理を総理から引き摺り下ろし、
民主党の政権を立てたいのだろう。
そうすれば、「しばらくは、記事に困らない」からである。
自民党と民主党の内容を精査して、
「民主党がよい」といっているわけではなく、
単に「変化すれば、記事になる」という風に思っているだけである。

この経典の中で、この不況が「オバマ・小沢」不況であると喝破されているが、
しかし、それに加え、また再び、「マスコミのマッチポンプ不況」であると思う。
マスコミは、バブル崩壊の愚を再び起こすつもりなのか。
今、世界を救うものは、真実においてほかにない。
そして、緊急発刊されたこの経典は、
未来へと通じる一本の銀色の道であろう。

しかし、日本人も自ら崩壊の道を歩むのか。
国は滅びるものである。
ローマしかし、ギリシャしかり。
そして、その道はいつも同じ道である。
内部から崩れていく。
それを防ぐものは、ここにある。
それにどれだけの人が気づいているだろうか。

ちなみに、マスコミはうまく小泉さんを使っていると思う。
小泉さんは、過去世剣豪なので、切りつけられたら、切り返す。
郵政の問題を切り出されたら切り返すことはわかっているのだ。
しかし、ただそれだけだということなのだが。

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
今回の金融危機を見るにつけてもいろいろと考えることがある。
状況は、バブル崩壊の時に似ている。
似ていないのは、バブルの時には、日本は不良債権でその後苦しんだが、
根気あはすでに不良債権の処理が終わっているので、
本来「日本が不景気に入る必要がない」と思えることだろうか。

そういう言い方をすると、非難されそうだが、今回の金融危機の奥にも、
バブル崩壊の時の、日本人の心理が隠されているように思う。

そのことに主が言及されたのは、1997年御法話「繁栄への道」においてだった。
主は、先のバブル崩壊を「アメリカを追い抜いてしまうことへの恐れ」が
日本人にあり、アメリカの不景気のあと、日本が世界のリーダーシップをとることが
怖かったからだという指摘をされている。

そして、この指摘は、今現実の問題となって
私たちの上に降り注いでいる。
アメリカのオバマ大統領は、
おそらく一国主義、あるいは国内主義をとることになるだろう。
そのことは、アメリカが「世界の警察」としての役割を放棄することを意味する。
そして、それはまた、「日本を守ってくれない」ということを意味するだろう。

現実に、アメリカは日本より中国に軸足を動かしつつある。
そのなかで、日本はどういう視点に立つべきか。
そのことを真剣に考えていたのが、「田母神論文」であったのに、
日本は、あいかわらず、左がかった思想しか、
表に出せないようだ。

田母神論文の正邪の結論は、
すでに「繁栄の道」において、主が説かれている。
「何が正しい見方か」といういことは明らかである。
しかし、戦後の自虐史観のもと、日本罪悪説が幅を利かせている。
このレジュームから脱却しない限り、
日本に、いや世界に繁栄の道はなかろう。
世界の国々が日本を待っている。

さあ、新しい時代の扉を開けよう。
そのためのうねりがあちらこちらで起こっているのだ。


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。