FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ニュース
注意しないと、公職選挙法違反になるということで、
支援していない関係ない人の話をしたいと思う。

これは、ネガティブキャンペーンにもなりがちなところがあり、
難しいのだが、民主党を中心に支援している団体に日教組がある。

この日教組についてかくことには、公職選挙法に抵触しないだろう。

以前、中山元大臣が、「日教組は・・・」という趣旨の発言を行ったが、
この日教組の強いところは、教育レベルが低いのは事実である。
私の住んでいる福岡県でも、意外と教育レベルは低いのである。

また、この日教組と関連していることで、「ゆとり教育」があるが、
これが、始まったのは実は広島県である。
当時、広島県の官僚だった、T氏により、始められ、
広島県において「効果を見た」ことにより、
全国にて実施された。

その結果何がおきたか。
全国的な学力低下である。
しかも、その先駆をとった広島県は、日本一の教員輩出県から、
一番の学力低下県へと変貌を遂げた。
(ちなみに、広島大学はもともと教育学部を母体としていて、「教育県広島」であった。)

現在、問題にあっているニートの問題も、
要は「学力が低下して、役に立たない」から働き場所がないだけである。
仕事が、仕事がというが、本来「働く」とは、「はたを楽」にするに通じるといわれ、
他の人の役に立つことをもって、その本義とする。
他の人ができないことを変わりにやる。これが社会内分業の仕事論の始まりである。
そもそも、「役に立たないものに仕事がない」のは当然である。
(もちろん、障害を持った人たちの中で、経済的に役に立つ以外の人生を選ばなければ
ならない人たちもいることは十分に理解している)

自分は転職組であるが、今の仕事(塾講師)をしているのは、
学生時代に努力したからである。
そして、面接で「授業力あり」と診断されたからである。
逆に言えば、自分ぐらい努力していれば、仕事はある。
仕事がないといっている人たちの中で、
自分ぐらい勉強した人がいるなら、出て来いといいたい。

仕事がないのは、本当に社会が悪いのか。
それとも、仕事をするだけの能力がないのか。
厳しいが、それも問うべきであるのだ。

そして、自分たちより下の世代を、「総白痴化」した元凶が、
「ゆとり教育」であり、これを推進したのが、「日教組」である。

さあ、民主党が政権をとるとどうなるか。
せっかく、中山前大臣などの努力によって、「脱ゆとり」の流れになった教育が、
「脱「脱ゆとり」」とかいうことになるのではないかと心配している。
今度、そうなったときには、国が滅びる。
そのことをはっきり言う必要があると思う。

そういう意味で、中山前大臣は、まったく「失言」をしていない。
ただ、「事実」をそのまま述べただけなのだ。
しかし、その事実があまりにも的を得ていたので、
大騒ぎをしただけだったのだ。

今の日本では、「真実を語る」ということはそれだけ、
大きなことであるのだろう。
そして、自分もまた真実を語る。

真実が、真実として世の人々の心に灯りますように。

ちなみに、日教組の考え方の一部がわかるHP↓
「早寝・早起き・朝ご飯」は憲法違反である 国民教育文化総合研究所(日教組シンクタンク)ホームページより
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
090813「幸福実現党」記者会見①
090813「幸福実現党」記者会見②
090813「幸福実現党」記者会見③
090813「幸福実現党」記者会見④
090813「幸福実現党」記者会見⑤

しかし、いろいろ動くなぁ。
このスピード感には、驚かされます。
撤退のニュースがどのソースから出たのかわからないが、
この記者会見は、新しい動きの始まりであるかもしれない。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
幸福実現党総裁、大川隆法 衆院選出馬宣言! (東京比例)
「国益とは何か」2 幸福実現党 総裁 大川隆法
「国益とは何か」3 幸福実現党 総裁 大川隆法
「国益とは何か」4 幸福実現党 総裁 大川隆法

 幸福実現党総裁、大川隆法 衆院選出馬宣言! (東京比例) これは、幸福の科学が本気せ勝負に出るという決意表明。私自身が政党の中心となること によって、実際の実践力を高めていく。世間の皆様は、宗教家に能力があるのかどうかを心配されているのではないか。私は宗教家ではあるが、自分で法律を書いたり、政策の立案、国際情勢の分析をする能力があり、、財務・金融の方が私の専門でもあった。この国 において必要とされる能力を持っていると、密かに自負している。
 <政治は政治家の責任> 民主党の鳩山代表は、「官僚が、この国を悪くした」と、政治の悪さは官僚の責任と言っているが、私はそう思わない。官僚を使えなかった政治家の責任。『金正日の霊言』(幸福の科学出版、7月28日発売)に、金正日の本心に、鳩山代表の本心が付録として出ている。私は宗教家であるが、政治家としての魂が宿っている。政治に関しては、素人であ るとは決して言わせない。
 <国会議員は国益を考える> 国会議員は国の代表として選ばれるので、国益を考えることが、当然の義務。世界を見れば、国益を論じない政治家が、その国の中心になることは、ありえないこと。「地球市民」であるとか、「市民」とか、聞こえよく言う政治家もいるが、そういった政治家は国家や国益を否定し、責任回避している。自民や民主は、北朝鮮にミサイルを撃たれて、それを選挙の争点に挙げないが、争点にすると、選挙に不利に働くという保身が働いている。幸福実現党は、この国の30年後、さらにその先を考えて政策を立てている。必要なこと を、堂々と述べていく。
 今、国民に申し上げたいこと。それは、あまりにも国に頼りすぎる風潮が出ている。政府から貰うことばかりを、あまりにも考えすぎている。日本の国の精神的自立を助けることが、私の仕事のひとつ。また、金正日に関して、近隣諸国を脅して喜んでいるような、子供の遊びのような国家運営を、断じて許さない。アダム・スミスの『国富論』の徴税の原則に、「税金をかけてよいのは、経営活動をした結果の果実のみ」とある。今、この国は、果実でないものに、たくさんの税金がかけられていて、経済活動を阻害している。経営 音痴には、国会から退陣して頂きたい。
DATE: CATEGORY:未分類
政策には、クライン孝子さんではなく、クラインさんが引用されている、
田母神後援会会員 奥中 正之氏の記事なのだが、

>先ず、政治と宗教との関係についての私の理念を申し上げると;
>宗教が政治権力を壟断してこの世の地獄をもたらした中世の
>暗黒の歴史に教訓を得て、宗教家が政治に口出しすることに
>は疑問を持っている。

これは、キリスト教の歴史の中で、イエスの説いた教えに、
経済や政治に対する教えがなかたことによるもので、
「堕落した宗教が、政治に口出すと堕落した政治になる」ということはある。
しかし、仏教においては、
仏教文化が正しく栄えるときには、国が栄えるものであり、
本来、聖徳太子の時代や奈良仏教の時代、
また、中国においても、仏教が高等宗教として
国の背骨になったときには、国が繁栄するものである。

政教分離は、「形骸化した宗教」が政治に参加し、
政治が堕落することを防ぐための「安全弁」であり、
本来、宗教が尊さを持っているときには、
宗教が国の柱になったほうがよいのは当たり前である。

政教分離は、人類普遍の原理ではなく、
「最悪を防ぐための安全弁」にすぎない。

そして私たちは、不幸なことに、
「形骸化した」あるいは「堕落した」宗教しか見たことがない。
世界の偉大な宗教が生まれて、2000年近くになっているからだ。

しかし、「本来の宗教」は違うのである。
そのパラダイムシフトが、今、起きようとしている。

だから、幸福の科学はわからないのだ。
イエスの在世中に、
イエスを評価したものがほとんどいなかったのと
同じことだ。

だからこそ、総裁は、
「今の世に、たとえ受け入れられずとも、
国師として私が発言していることが、正しいかどうか、
百年後の人たちの評価に判断を委ねることにしたい」と
おっしゃられているのだ。

しかし、本当に本当に本当に本当に、歯がゆい。

「なぜ、人々の心に真理の灯が灯らないのだろうか。
なぜ、単なる活字として、読み続けるのだろうか。
今という時代を伝えることすら、私にはできないのだろうか」

総裁のその言葉が、頭から離れないのだ。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
<<各位

本日8月2日付産経新聞を読んでいて
思わず「おやぁ~」と思うことがあった。
それは「幸福実現党」の意見広告である。

広告の内容は;
「激論・日本の選択(上)」と題して、
田母神俊雄前航空幕僚長と大川きよう子幸福実現党
宣伝局長との対談形式となっている。

おや!と思ったのは、田母神氏は「幸福の科学グールプ」
の信者か、少なくとも「幸福の科学グールプ」の教えに
共鳴し、その布教や「幸福実現党」の政治活動に協力すると
いうスタンスなのだろうか?
という率直な疑問であった。

民主主義国・日本において、各人の信仰の自由と政治信条
の自由は大切な価値観であり、これを否定する気は毛頭ない。
また「幸福の科学グールプ」の布教活動に関しても、
また「幸福実現党」の政治活動ついても詳しい予備知識を持ち合わ
せていないので、その布教活動や政治活動について批判する
立場にはない。
従って田母神俊雄氏の後援会の会員として、私の率直な意見を
以下に述べたい。

先ず、政治と宗教との関係についての私の理念を申し上げると;
宗教が政治権力を壟断してこの世の地獄をもたらした中世の
暗黒の歴史に教訓を得て、宗教家が政治に口出しすることに
は疑問を持っている。

「幸福実現党」の総裁大川氏は「幸福の科学グールプ」の総裁でも
あり、「幸福実現党」と「幸福の科学グールプ」は一心同体と言える
のではないか。
前述したように大川氏が宗教家と政治家とも兼ねるのは自由だし、
その活動に関して是々非々を決めるのは国民である。

■2009/08/02 (日) 喜ぶのは誰であるか?どこの国であるか?(2)

しかし私の理念に基づけば、宗教と政治とが一体となっている
この組織にわが尊敬する田母神氏が直接関わっているとなると
田母神氏が主張される歴史観や国防論については賛成ではあるが、
田母神氏を今まで通り信頼して良いものか?
私個人としてつい考え込んでしまうのである。

宗教と政治は分離する方が望ましいという原則は人類進歩の
智恵の一つであり、わが尊敬する田母神俊雄前航空幕僚長が
特定宗教の信者であるとかまたは特定宗教と一心同体の
政党の活動に関わって居られることを知れば、
私同様、田母神氏とは一線を画すべしと考えられる保守系の
人たちは結構居られるのではなかろうか。

繰り返すが、田母神氏がどのような宗教を信じようが、また
如何なる政党を支持されようが、それは田母神氏のご自由で
あり、何人といえど、それ批判し介入することは許されない。
しかし田母神氏が「幸福の科学グールプ」の信者か若しくは
「幸福実現党」の協力者だとすれば、私は田母神氏とは袂を
分かつしかないということである。

私の知る限りでは、私と同様の考え方を取られる方々が結構居
られる。

さて次には、安定した職を自己の信念を貫くために捨て、真正保守
の星と信望を集めた田母神氏に対する信頼と協力が失われることに
よるマイナス点を挙げたい。

田母神氏の主義主張に共鳴し協力していた人々の多くが田母神氏から
去り行く危険性がある。
また中間層の中から田母神氏のお考えに共感して保守人として目覚める
人たちの発生を邪魔だてすることとなる。
以上の二点は保守勢力にとってマイナスである。

田母神氏の主義主張は日本を真の独立国に再生するために必要な
考え方であるが、その主義主張に反対の勢力にとっては、
田母神氏にケチをつける絶好の機会となる。
これは日本国にとって大きなマイナスである。

また反日勢力は、真正保守と田母神氏との意見や姿勢の違いを
大いに活用して保守勢力分断に動くことも危惧される。

以上縷々述べた問題点を総括して言えば、迷走日本を立て直し、
真の独立主権国とするための活動にとりマイナスである。

それを喜ぶのは誰であるか?どこの国であるのか?
心ある人々には自明のことである>>」。

■2009/08/02 (日) いずれにしても背後関係を調べる必要あり

河野氏より

<<本日の産経新聞紙上の前面広告に2ページにわたり、幸福実現党
が「激論・日本の選択」のタイトルで意見広告を載せており、
田茂神前空幕長と党の広報部長(大川総裁夫人)の対談という形を
取っています。 

同じカルト政党である公明党とは、イデオロギーが180度異なる
「右派」の様であり、安全保障政策の主張だけをみる限り、保守派の
支持を取り込めそうな気がしないでもありませんが、「大統領制」を
掲げるなど、皇室とは距離を置く政策を掲げている点をみると、
違和感を禁じ得ません。 

問題なのは、いまなぜ田母神氏を担ぎ出したのかという点と、
この集団の背後関係です。 
私には、保守派の票を分裂させ、自民党を敗北に追い込もう
と画策する勢力の動きの一つに見えなくもないのですが
如何なものでしょうか?

いずれにしても背後関係を調べる必要がありそうです。 
1点問題があるとすれば、
田母神氏が対談の最後で、この党を支持しているかの様に取られ
かねない点です。 
純粋に安全保障政策についての趣旨に賛同されたのかもしれ
ませんが、慎重に対応いただく必要があると思います>>

今一つ
関西人の永田町ほえまくり氏より
( 注;原文の表現が関西弁でえぐいので書き換えた)

<<不思議で奇怪な政党です。この幸福実現党!

今朝の産経新聞みて下さい。
田母神将軍と大川隆法氏の奥方の大川きょう子氏との
対談が全面で2ページでている。

なんと読んだら大川氏の主張ですが、
全く真正保守の議論と変わらない。

夫は東大法学部卒奥方は東大文学部卒。
この女史オーラがある。

田母神将軍と同様戦闘的保守で何から何まで納得できる
論議に驚きました!

宗教集団の論調なので、敬遠してきたが、
一体この団体や政党はなんなのか!
本物なのだろうか!

これほどはっきり物事をいうのは素晴らしいし
表面的には正論である。
ひょっとして田母神将軍、ここから出馬するのだろうか?

これこそが日本の再生の真の良い意味での
ファッシズムたるムソリーニ党になるのではなかろうか。
夫妻とも東大の頭脳だから、そこらのインチキ集団や
ネズミ講とは違う!

これが本物の保守なら、爆発的に
リベラルやらサヨクやら似非保守を叩き出す起爆剤になるのでは?

断っておくが、小生、これ、あくまでも実体をしらずに
活字から解釈したものであることだ>>

                               以上、「クライン孝子の日記」より

クラインさんは、私の尊敬するジャーナリストの一人である。
(これは、お世辞ではない)
今回、こういう記事を書いていただいて、非常にうれしく思う。

以前、幸福実現党の出現に際して、
かなり厳しい言葉をいただき、実名を出して抗議をした。
その結果は、あまりいい言葉をいただけなかった。

今回も、確かにいい結果とはいいがたいが、
以前の回答よりは、プラスに感じた。

今回の記事を見て、正直うれしく思った。

じっくり、眺めてほしい。クライン孝子さん。
総裁の思いは、ずっと変わっていない。
それが、多くの人々に伝わるにはまだまだ時間がかかるだろうが、
今回の出馬の奥にある思いに少しづつでも、人々が気づいてくれたらと思った。

ちなみに、田母神前幕僚長も、私は尊敬申し上げているのだが、
この時期に、こういう対談に答えていただき本当に感謝したい。
クラインさんが指摘されている、信者かどうかについては、
正直、幸福の科学内でもそういう話は聞いたことがないので、
そういうことではなく、純粋に政策に対しての反応だったのではないかと思う。


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。