FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑記
だいぶ、対策がすすんでいるようなので、
コメントをできるようにしようと思います。
(もともとそんなに多く無いけれど)

今後とも宜しくお願いします。

                         管理人 伊雲

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
最近、「日本がギリシャになる」という論調のもとに、
日本の経済健全化をなすべきだという論調があるが、
そのまえに、考えておきたいことがある。

この「借金」とは、誰が誰にしている借金なのか?
ということである。

日本人は、個人資産1400兆を保有している。
そして、実は、「政府」が、「日本国民」に
借金をしているという理解が正しい。

国の経営を失敗して借金を増やしたのは、「政府」であり、
「日本国民」ではない。

現在でも、世界第二位の経済大国であり、
本来国家としての倒産はありえない。
対外的には、完全な黒字である。

要は、「政府がやったあほな政策のつけ」がたまっただけのことであり、
それを「日本国民が肩代わりして上げている」ということが正しい理解である。

だから、バランスシートを戻す方法は簡単である。
公務員をリストラすればいい。
それだけの話である。

一般企業では、十年以上前に行われてきた、
リストラの努力が、遅れて公務員にも起こってきただけである。

もちろん、公務員の大幅なリストラは、また失業率を上げることになるので、
幸福実現党では、「公務員の仕事スピードの倍増」を上げている。

「時間は、貴重な資源である」ということが、
分かっていないということではないだろうか。

新しいビルを建てるのに、一年近く許認可にかかったり、
新しい薬の認可を一からやり直したりする。

例えば、コンタクトレンズでは
世界ではシリコーンハイドロゲルのワンデーが
たくさんでているのに、
日本では、メーカーは完成させているのに、
厚労省の認可が降りなくて、発売できない。

この「認可が降りない」という言葉を、あちこちで、聞く。
それが、日本経済の足かせに完全になっている。

日本が不況と言っているが、成長産業はいくらでもある。
それを、止めているのは日銀の政策と、この「許認可行政」である。

以前は、バス停を10メートル動かすのにも、国の認可が必要で、
それに比べるとかなり、改善はされているが、
この現在のタイムベースマネージメントが要求される国際社会の中では、
完全に、時代に乗り遅れている。

公務員の中で、市場原理をいれること。
それが、今回の不況を脱出する、いちばん手っ取り早い方法であろう。

それが、もしできないならば、
公務員のリストラもやむなしである。

少なくとも、「政府が国民に借金している」ということを鑑み、
「国民に借金を返せるようにするのは、
政府の義務であり、国民の義務ではない」ということを
言っておきたいと思う。


DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
幸福の科学出版が提供しているオピニオン番組
「未来ビジョン 元気だせ!ニッポン!」

BS11での番組ですが、youtubeで、見ることができます。
未来の日本を元気にしたいひとは、是非ご覧ください!!

未来ビジョン 元気だせ!ニッポン!

過去のラインナップ
#1「ロボット産業で未来を拓く!」
ゲスト:古田貴之(千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 所長)
#2「リニアが日本を加速する」
ゲスト:森地茂(政策研究大学院大学教授)
#3「脱石油社会」
ゲスト:矢部孝(東京工業大学教授)
#4「ニッポン開国」
ゲスト:坂中英徳(移民政策研究所所長)
#5「日米安保は必要か?」
ゲスト:田母神俊雄
#6「病院改革~経営的手法で公立病院を潰さない~」
ゲスト:渡辺幸子(医療経営コンサルティング会社株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン代表取締役社長)
#7「個人マネーが経済を救う」
ゲスト:沢上篤人(さわかみ投信株式会社 社長)
#8「ママさんパワー活用術」
ゲスト:駒崎弘樹(NPO法人 フローレンス代表理事)
#9「野菜は工場で作られる」
ゲスト:嶋村茂治(株式会社みらい代表取締役)
#10「無税国家ニッポン」
ゲスト:齋藤精一郎(社会経済学者・エコノミスト、株式会社NTTデータ経営研究所取締役所長)
#11「国家戦略、宇宙開発」
ゲスト:青木節子(慶応義塾大学総合政策学部教授)
#12「本来の医療と病院とは?」
ゲスト:亀田信介(医療法人鉄蕉会亀田総合病院院長)
#13「温故知新」
ゲスト:渡部昇一(上智大学名誉教授)
#14「教育再生プロジェクト」
ゲスト:渡邉美樹(ワタミ株式会社代表取締役会長・CEO)
#15「ニッポンの空を変える」
ゲスト:中条潮(慶応義塾大学 商学部教授 公共経済学・交通経済学)
#16「高齢者パワーを生かせ」
ゲスト:森下篤史(株式会社テンポスバスターズ 会長)
#17「Made by Japanese 世界から求められるニッポン農業」
ゲスト:昆吉則(株式会社農業技術通信社 代表取締役 「農業経営者」編集長)
#18「アジアの人材を呼び込め」
ゲスト:是永駿(学校法人立命館副総長 立命館アジア太平洋大学学長)

DATE: CATEGORY:書籍
この本のタイトルは、「レムリアの真実」だが、
この「レムリア大陸」という名前は、本来の名前ではない。

この「レムリア」という名前は、
後世の人たちが、この大陸の実在の証拠となった
レムールという動物の名前からつけたもので、
当時の大陸の名前では「ラムディア」という名前であったことが、
述べられている。

その意味では、この本は、「ラムディアの真実」であるべきだが、
「レムリアという名前では当時なかった」ということが、
ある意味、この書籍が発刊された意味と言ってもいいだろう。

この本の後半部分で、
アメリカの核軍縮の真実について、語られた部分がある。
アメリカが核軍縮を言い始めているのは、
「核以上の兵器を開発したからである」という指摘である。

核兵器は、実はかなり厄介な兵器で、
現在の状況では使うことは現実的には難しい。
しかし、兵器としてつかわない以上、「保持」しておかねばならず、
管理費がかかる。

特に、古い核兵器は、「使う」以外に役にたたないのだが、
使うわけにもいかないというジレンマに陥っている。

そのため、この維持費を減らすために、
アメリカは「核軍縮」を言っているのである。

しかし、ただ、核兵器を減らすだけでは、抑止力の点でバランスを欠く。
核兵器は、持ってるだけで、相手への威嚇になり、
戦争を抑止させる力があるのも事実である。
そのアメリカが、核軍縮を言っているのだから、
「核を超える兵器」を手に入れたと見るべきだろうということである。

その具体的な内容も、示されているのだが、
その内容をみると、あまりに今の世界情勢と一致していて、
ぞっとさせられる。

もしかしたら、あれはそれによるものなのか・・・と
思わされる事例がいくつもあるのだ。

地球の最高霊界である九次元霊である、
ゼウス・マヌの両名による霊言で、
幸福の科学では、今まで詳しく述べられていなかった
「ラムディア大陸」の真実が語られた。

光が現れるとき、闇は消え去るしかない。
その大きな一書となる書籍である。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
ばかじゃないのか。

のっけから、こんな言葉で始めないといけないほど、
この問題「外交音痴」を通り越して、日本を滅ぼそうとしているとか思えない。

首相談話だけでも、かなりひどいのに、
(あれくらいですんだのは、不幸中の幸いという話もあるが)
岡田外相にいたっては、「この談話は朝鮮半島全体に及ぶ」とか、
「譲渡を韓国政府が返還にしても抗議しない」とか。
あほじゃないのか。

ばかだの、あほだのいいたくなるくらい、「外交」というものが分かっていない。

韓国と北朝鮮との問題で、第二次朝鮮戦争の危機もあり、
また、北朝鮮は、チェコに借金に一部を、「朝鮮人参」で払う、とかいう
申し出をしているという状況で、
こんな馬鹿げたことを言い始めた。

これは、北朝鮮からすれば戦後補償を言い出すきっかけになり、
その借金の支払に日本からのお金を使おうとするきっかけになる可能性がある。

そもそも、こんな談話を出す必要がない。
日韓併合自体は、国際法上全く問題がなく、
また、日韓基本条約によって、個人保障を放棄し、
韓国側が補償することにしたのは、韓国側である。
(日本政府は、韓国側からの徴用者名簿等の資料提出を条件に
                  個別償還を行うと提案した)wikiより

韓国側は、日本からの補償を国が貰い受け、その分を、国の発展のために使った。
それ自体は別に問題はないが、この時点で、個人補償を放棄したことを、
韓国国民に正しく伝えるべきである。
そして、この時の融資をもとに韓国は、最貧国からの脱出を始めたのである
韓国の現在の繁栄の基礎を作ったのは日本であるといっても良いぐらいである。

また、韓国の植民地時代に、
日本が韓国で作ったものすべては、放棄され韓国のものになった。
ソウル大学しかり、ソウル駅然り。
個人的には、それはあたりまえだとも思うが、
ただ、日本が作ったそれらのものが、韓国の繁栄の元になったこともまた事実であろう。

先の大戦で、韓国を併合したことは、
当時として、悪だったわけではない。
植民地を作らなければ、日本が植民地化されていたわけで、
土地取りゲームだった世界の中で、
日本だけが極悪非道だったわけではない。

もちろん、韓国の人々を傷つけたこともあり、
それに対して謝罪することはあっても良いと思うが、
行き過ぎた謝罪は、マイナスである。

特に、
「個人補償を放棄し、国に一括して支払うことを要求したのは韓国である」ということ、
そして、
「個人補償について責任を負うべきは、日本ではなく、韓国である」ことは、
当然、主張すべきである。

今回の談話や、岡田外相の認識は、こういう歴史的事実を全く無視している。

しかし、この状態で、菅総理の支持率が、
回復したらしいのがさらに信じられない。
あほちゃうか、といいたくなるのは、これのせいでもあるのだが。
DATE: CATEGORY:未分類
保守とは何か。
日本本来の姿とは何か。

その質問に答えるため、
日本神道の主宰神である「天御中主神」
そして、「昭和天皇」
「東郷平八郎」のお三方が、霊言を下ろされた。

特に、「昭和天皇」におかれては、
前著『明治天皇・昭和天皇の霊言』の発刊後、
右翼などの団体からうけた質問について、
昭和天皇自らがお答えになられるという形式になっている。

先の霊言の中で、明治天皇が昭和天皇をさして、
「私が、昭和天皇であったなら、開戦は回避できたと思うし、
 少なくとも、(中略)焼け野原になる前に停戦ができたと思う」という
お言葉に対しての昭和天皇の真摯かつ謙虚な態度が心に残る。

特に、昭和天皇というと、お亡くなる前の柔和な立ち姿しかイメージにない自分にとって、
軍部の暴走を止めることは、(立場的に)自分にしかできなかったが、
「当時の私の年齢は若くて、権威が足りなかった」という述懐には、
はっとさせられるものがあった。

日中戦争から太平洋戦争開戦への期間、
30代であられた昭和天皇。
そう考えたとき、そのお言葉が重く感じられた。

昭和天皇の霊言の最後に、「神格を奪われている」という言葉への言及があったが、
そのなかで、「昭和神宮」という形で、昭和天皇を祀る神社がないということである、
ということを言われているが、そのことに気がつかなかった。

当然、あるべき神社であるのに、それがない。
そのこと自体が、激動の昭和を象徴しているようで、
現実には、幸福の科学で明かされているように、
天上界の高天原におられ、地上を指導しておられるのだから、
あるべきであると感じさせていただいた。

保守の本流を知る上で、
非常に心動かされる言葉が多い。

日本人であるならば、すべからく読んでいただきたい。
そのような霊言である。

======================================
というレビューをアマゾンに書いたのだが、
昭和神宮として昭和天皇をお祀りする神社について考えていたら、
最適な神社が頭に浮かんだ。
(個人的な感想だが)
それは、靖国神社である。

これほど、昭和天皇と縁の深い神社もあるまい。
靖国問題の解決を、「分祀」で考えてきたが、
このような「大きな光の指導霊の合祀」という方法で解決する方法があったとは
考えもしなかった。

しかし、昭和天皇を偲ぶ神社をどこにと考えたとき、
靖国ほど、適切な神社はあるまい。

こうすれば、「昭和天皇への参拝」であり、
これに文句をいうすべもないし、
英霊たちに至っても、昭和天皇と共に、祀られるのであれば、
これ以上の幸福はなかろう。

靖国神社であれば、「不敬」であるということもなかろう。

さすがに、アマゾンのブックレビューとして書くには、
場違いかなと思ったので、自己のブログに書いてみた。
ひとつの提案ではあるが、昭和天皇を象徴する神社を考えたとき、
皇居かここしか考えつかない。
いかがなものだろうか。



copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。