FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
中国の中華思想によれば、
「尖閣諸島も沖縄も中国の一部だ」ということに
なってしまうので、
中国は、取れるものはみな取っていこうとするでしょう。
実際、中国は、チベットや内モンゴル、新疆ウイグルなどを
取っています。
こうしたことに、全部独立されたら、
国家の体制が揺らぎ始めるので、
返すに返せず、とにかく攻撃的な姿勢をとっているわけです。
(中略)
近隣諸国には、「日本は悪い国だ」と、
国家主導で国民を洗脳している国もあります。
そのため、自虐史観をあまり強く持ちすぎていると、
そういう国に、
日本侵略の口実を与えることになりかねないのです。

                 ■ 『国家の気概』 第2章より


尖閣諸島での明らかな恣意的な判断による外交問題をもとに、
沖縄が揺れている。

自分は、沖縄に住んでいたことがあるが、内地から見る沖縄と、
沖縄に行ってみる沖縄とではまったく視点が違った。
沖縄からみると、九州より台湾がちかい。
そして、戦略的要所である。

中国は、この尖閣諸島での問題を引き金にして、
沖縄を我が領土にしようとしている。
その伏線として、沖縄世論を操作し、
沖縄からアメリカ基地をなくそうとしている。
それが、県外移設が主張されている本当の意味である。

しかし、そもそも沖縄県民のほとんどは、基地とともに生きているのだ。
「普天間飛行場は、市街地に隣接して作られ・・・」いうことがよく言われるが、
これは、違っている。
「基地の周りに都市ができた」が正しい。

では、なぜ、「基地の周りに都市ができたのか」
それは、「基地を中心にして、産業が発展したから」である。
沖縄はもともと産業が少ない。工場や会社も殆どない。
だから、基地での仕事を求めて人々が基地の周りに集まり住んだのである。
お寺の周りに門前町ができ、お城の周りに城下町ができるのと同じである。

実際に話した沖縄の人も、「基地がなくなったら生活していけない」と言っていた。
基地に住んでいる米軍相手の商売が発達し、それをもとに産業が発達しているのである。

そういう基本情報を無視して、
「県外移設」だけが報道されていることが不思議だ。
県外移設反対のデモも行われているのに、報道されたことはない。

沖縄県民よ、どうか、正しき判断をしていただきたい。
再び占領されるかどうか。
次に占領されるのは、アメリカにではなく、中国にである。
今、大きな転換点に来ていることを、知って欲しい。

その判断の一助としていただきたい書籍である
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
尖閣諸島での明らかな恣意的な判断による外交問題をもとに、
沖縄が揺れている。

我が友人でもある金城達郎氏が、沖縄県知事候補として出馬しているが、
琉球新報や沖縄タイムズでは、公平な報道をしてもらっていないようだ。

自分は、沖縄に住んでいたことがあるが、内地から見る沖縄と、
沖縄に行ってみる沖縄とではまったく視点が違った。

沖縄からみると、九州より台湾がちかい。
そして、戦略的要所である。

中国は、この尖閣諸島での問題を引き金にして、
沖縄を我が領土にしようとしている。
その伏線として、沖縄からアメリカ基地をなくそうとしている。
それが、県外移設と主張されている本当の意味である。

しかし、以前にも述べたように、沖縄には基地が必要である。
それは、中国の侵略主義から日本を、そして沖縄を護るために。
また、沖縄県民の生命や人生を護るために。

このごに及んで県外移設とか寝言を言っている人たちにいいたい。
沖縄は日本である。日本人の愛する土地である。
そのためには、沖縄には基地が必要である。

今回の、大川隆法総裁の沖縄での説法は、
その歴史の転換点になる説法となるであろう。

沖縄県民よ、どうか、正しき判断をしていただきたい。
再び占領されるかどうか。
次に占領されるのは、アメリカではなく、中国にである。
今、大きな転換点に来ていることを、知って欲しい。
DATE: CATEGORY:雑記
今年は台風が少ないと思っていたら台風14号が、北上してきている。
すでに、沖縄を離れつつあり、このままいけば日本本土に近づいてくる。

コースを見ると、四国から、和歌山、そして、東海、東京あたりをナメるように
北上し、どこかに上陸する可能性があるという。

このコースを見たときに、少し考えることがある。

「南海・東南海・東海地震の引き金になるのではないか」ということである。

台風と地震は、意外とリンクしている。
例えば、2004年「平成16年台風第23号」が10月20日に上陸した直後に、
新潟県中越地震が10月23日に起きている。
また、2007年に、「平成19年台風第4号」が7月14から16日にかけて、
日本を横断した直後、「新潟中越沖地震」が起こった。
台風のエネルギーにより、溜まっていた地震のエネルギーが、
たえきれなくなり、限界を超えてしまうのではないかと思う。

もちろん、台風が来るたびに地震が起きているわけではなく、
全然関係ないという研究もあるが、台風のエネルギーによって、
地震の最後の引き金がひかれることもあるのではないと思う。

今回の、このコースを見ると、
なんともいえない気持ちがするのは自分だけだろうか。

もちろん、そうならなければ、それでかまわないのだが。

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
まるで魔女裁判だな。

本来、今回の告発内容とは違う内容を持ってきて、
強制起訴に持っていって、当然、そこでは、無罪になることが分かっているわけで、
先に、結論ありきで、完全に持って行っている。

これこそ「恣意的判断」でなくてなんだろうかと思う。

これで、起訴されても、検察はなんども「不起訴」にしているので、
「有罪になる証拠はない」ということだから、
ただ、裁判の時間を時間稼ぎして、小沢一郎の影響力を
削ごうとしているのだろう。

しかし、田中角栄の時もそうだが、「別件逮捕」みたいなことが多すぎるな。
検察審査会の審議内容を明らかにせよというのは、
当然の主張であり、今回の判断は、あまりにも、「先に結論ありき」だ。

まあ、自分の選んだ選択による結果を受け入れざるをえないので、
今回のこの判断がどういう結論になるかを、
自分の人生で噛み締めるしかなかろう。

「共業」という言葉があるが、
これは、日本人全体の共通の業、カルマということだ。
民主党政権の誕生から始まった「共業」は、
日本人全体で受け止めなくてはならない。

為政者を選んだのは、日本国民にであるということを
忘れてはなるまい。

DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
水間条項からの転載

超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売
『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》




■予告していました中国の情報戦に打ち勝つ仕組みを明らかにします。


今回、中国で発行した地図の在りかを告知する決断をしたのは、反日民主党政権が、中国漁船の追突ビデオを公開しない状況では、焚書される危険性があったからです。


そして、ギリギリまで明らかにしなかったのは、在住中国人と観光中国人80万人以上との総力戦になることを承知していたからです。

中国人は、日本国内にあった中国で発行した1970年以前の地図を、数億円以上と思われる資金を投入し、40年間をかけて買い漁り、焚書を完了しております。それらの行動も裏を返せば、中国がそれらの地図帳を決定的証拠として認識していたことの、なによりの証明になります。


そこで、数億円以上を使って焚書していた労力を徒労にしてあげる国際的情報戦を、小生が仕掛けてあげたのです。


この戦略は、発行部数5万冊前後のオピニオン誌に掲載しても世論になり得ないので、発行部数50万部の『週刊ポスト』誌のモノクログラビアに掲載して頂けることになったのです。


前原外務大臣が「中国で発行した1960年発行の地図帳に尖閣と日本名で表記されている」と、発言している地図は、小生が2004年に中国の地図探索過程で偶然に発掘したもので、日本国内に一冊が奇跡的に残っていたものなのです。


その地図を、中国側の焚書活動を諦めさせるために、日本国民が永久保存版として『週刊ポスト』のモノクログラビアを切り取り、額縁に入れて飾って頂ければと思っております。


そこで緊急のお願いですが、中国人の買い占めを阻止するたも、一人でも多くの友人・知人に情報を拡散し、日本人が先回りして買い占めていただきたく思っております。


また、2004年11月10日号『SAPIO』誌に寄稿した同地図が掲載されているリポート
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」も、インターネットで読めるように「ニュースポスト」に掲載されます。

同リポートは、中国の地図改竄史を明らかにしてありますので、国際的に拡散されると、泥棒国家中共の体質が全世界に一目瞭然に晒しものになります。


覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様の総力で、10月4日(月曜日)発売の『週刊ポスト』を買い占め、週刊誌ではほとんどあり得ない、増刷するまでなれば、日本国内での情報戦には勝利しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以下、2004年の同リポートを発表できた経緯を解説します。


● 歴史を改竄して、日本固有の領土を強奪する決断をした中国は、なりふり構わずロシアと連携して強行手段に出てきました。


小生は、2004年3月に中国人が尖閣諸島に上陸したことに危機感をいだき、中国の恥を世界中に知らしめる為に、中国が自ら発行した地図帳で尖閣を日本固有の領土と証明するために、半年かけて徹底的に中国版地図帳を探し回ったのでした。

その探索結果は、2004年11月10日号『SAPIO』誌に発表した
「中国の恥地図改竄史にみる『尖閣領有の大嘘』」です。

そのリポートの目玉は、1960年に北京で発行した地図帳でした。

当時、1970年以前に中国で発行した地図は、自衛隊にも国立国会図書館や全国の大学・自治体の図書館などだけでなく、神田古書店街を虱潰しに探しても一冊もないのが実態でした。

その地図探索過程で驚いたのは、神田古書店街に中国人が徘徊し、かなり前から中国発行の地図を買い漁っていたとのことでした。

中国は、歴史を改竄する長期戦略を日本国内にいる中国人を使って実行していたのです。

また不思議なことは、国立国会図書館が1970年以前の中国で発行した地図帳を、収集の対象にしていないとのことだった。それが、どのような経緯で収集の対象から外したのか、今後、徹底的に国会で問題にする必要があります。


1960年に中国で発行した地図の発見は、探索過程でたまたま掛けた一本の電話で明らかになったのです。

それは、決定的な資料となる1970年以前に中国で発行された地図が、日本国内にいる中国人によって焚書されていた状況で、小生の怒りは当然のように外務省に向かいました。

それは、1972年の日中共同声明以降、「日中友好」一色の報道の中で、中国は着々と尖閣を強奪する準備をしていたからです。


そこで、それら一連のことを外務省中国課に抗議の電話をしました。

その時、小生は「これだけ尖閣領有問題が起きているのに外務省は、なにをして来たのか。中国の日本大使館の職員は天皇誕生日のパーティーや宴会にうつつを抜かしているだけじゃないのか。中国で発行した1970年以前の地図帳を収集することとか、やれることがいろいろあるだろう。中国課に中国の地図帳は無いのですか。」との申し入れに対して、中国課の担当者は、「確か古いのが一冊あったと思います」とのこと。

小生「それじゃ電話口にもってきてください。」

担当者「もってきました1960年の地図帳です。」


小生「沖縄尖閣が出ているところを見てください。」


担当者は「あれぇ~!」と、すっとんきょな大きな声を電話口で発したのです。


小生「どーしました!」

担当者「尖閣諸島が日本名で表記してあります。」と、驚いていました。


そこで小生は、「外務省の批判をリポートで差し控えるから、その部分の地図と表紙・奥付のコピーをいただけますか。」と申し入れ、それで資料を発表できたのでした。


これは、国民が参加できる情報戦です。40年間の中国の長期戦略を一気呵成に叩き潰すことのできる千載一遇のチャンスです。

皆様の徹底的な周知活動が情報戦の帰趨を決しますので、重ね重ね宜しくお願い申し上げます。


★インターネットだけ転載フリー。転載条件は、全文掲載と【水間条項からの転載】との表記をお願いいたします。
《 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/ 》

copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。