FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
日本の戦後は、マッカーサーに始まる。
そこから始まり、吉田茂、丸山真男、岸信介とながれていく
戦後の「日米安保」の流れにおいて、
後世にいかに影響を与えたのか。
その「国防と日米安保、憲法9条」という歴史の流れが、
ひとつの大河のように示された一書である。

中国、北朝鮮の挑発的な態度が現実味を帯びている中、
「憲法9条は本当に日本の平和を守ったか、
これから守る力になるのか」ということがはっきり分かる。

「防衛」を置き去りしにして、経済大国ととしての道を選んだ日本が、
今、直面させられている、「カルマの刈り取り」について、
深く、改めて感じさせる書籍である。

個人的には、この歴史の中で吉田茂の果たした役割が、
改めてこの書籍で深く感じられた。
現代の日本を、「このような」形にした、
大きな選択が、吉田茂のもとでなされた。
そして、それが現在日本の大きな潮流となっていることを
見るときに、吉田茂の現在の状況はおそらく、
そのことにも影響を受けているのだろうと思った。

また、山本五十六についての質疑応答を読むにつけても、
戦没者の供養と天皇陛下の果たされるべき役割の大きさに
改めて感じる次第である。

国防における「戦後レジューム」は、マッカーサーに始まり、
『平和への決断』にて終わったと言われる書籍になるのではないだろうか。

特に、石垣島にて行われた「国境を守る人へ」
   沖縄にて行われた 「この国を守る責任」
   福岡にて行われた 「平和への決断」
   (原題:『この国を守りぬけ』講義)の三講演は
防衛や日本を取り巻く状況を論じるとき、
必読であり、必携の講義録になるのではないだろうか。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
それがなにかご存知だろうか。

太陽光は、孫さんがいろいろとメガソーラーの計画を立てているが、
発電効率が悪く、ペイしないことは分かっている。
おそらく、孫さんはここをてこに、「電気自由化」の流れに持ち込むつもりで
いらっしゃるのだろう。

確かに、各家庭にソーラーパネルを付ければ、
各家庭での電気をある程度まかなえるだろうが、
現実には、電気を使うのは、家庭だけではなく工場などの大規模の利用もある。
正直、太陽光を原子力の代わりにするのは、難しい。

しかし、実は、日本には日本の特性を生かし、もっと推進すべき発電がある。

それは、「地熱発電」である。

日本は、地震国であると同時に、火山国でもある。
その特性を活かせば、かなりの発電が見込まれる。

まだ、すべての地熱発電所を集めても、中型の原子炉一基の発電量しかないが、
将来的には、原料を必要としないため、永遠にクリーンエネルギーとなる発電である。

しかし、地熱発電所には、
(1)発電コスト(初期投資コスト)が高い。
(2)発電所を建築する場所がない。

この二つの難点がある。

しかし、(1)は、逆に建設さえ出来れば、
半永久的にエネルギーを取り出すことができる。
そのため、建設から時間が経てば、
コスト的には火力などに立ちうちできるようなっている。
特に、九州の大分にある八丁原発電所では、
近年になって7円/kWhの発電コストを実現している。
この初期コストは、基本的に地熱発電所が山の中に作られることが多いために、
送電線の設備などにお金がかかることに起因する。

また、(2)では、実は国立公園の問題がある。
地熱発電が建設できるところは、当然ながら温泉地であり、観光地でもある。
だから、例えば、草津町では、地熱発電所の反対運動があり、
地下ボーリング調査さえ、まだ行われていない。

地熱発電所ができることで、温泉などが枯れてしまうのではないか。
そのおそれが反対運動につながることと、
そして、立地に適した土地が、
自然公園法により設定されている国立公園であることが多く、
建設ができなくなってしまうのである。

もちろん、日本全国で稼動している地熱発電所の発電量を全部足しても、
中型原子炉一基分ぐらいの発電量しかないが、
現実にすでに稼動していて、ペイラインに乗っているということを考えれば、
「地熱発電所法」とかを作って、国立公園での建設を許可すれば、
かなり現実的な発電法である。

一回作れば、ほぼ無人で動かすことができるなど、
作った後の操作性も非常に高い。

もちろん、だからといって、原子力の巨大な発電量にかなうものではない。
原子力の補助的な形にしかならないだろうと思う。
しかし、太陽光より、むしろ現実的な気がするのだが、どうだろうか。



DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
地下式原発推進で首相経験者ら議連


菅総理の「太陽光」の発言があまりにも非現実的だったせいか、
首相経験者が業を煮やして、「現実的な方策」に乗り出した。

完全超党派と言われているか、なんのことはない。
「元自民党」の皆様である。

しかし、この提案は具体性もあって、実現可能性も高い。
福島第一原発でも、実は、「原子炉を止めていなかったら、
冷却機能がその電気で動かすことができていて、
今回のような事にならななかったのでは」
という議論があるのだ。

地震になれば原子炉を止めるというのが、今までの基本的な考え方であるが、
逆に地震になったから、非常用電源として原子炉を動かすという発想がある。

今回の事故でも、地震や津波で原子炉自体が使えなくなったわけではない。
「冷却装置」に「電気が来なくなった」ために、
水素爆発が起きて制御できなくなった。

電気さえきていれば、何とかなった可能性が高い。
福島第二原発や女川原発では同じように地震と津波に見舞われて、
それでも安全に停止しているのは、
非常用電源がダウンしなかったからである。

この地下式原発は、現実問題として、津波対策や放射能対策にも、
対応できる素晴らしい案であると思う。

「原子力がなければ、日本の電気は賄えない」
この現実を元に議論しなければ、いけないことを、
改めて言っておきたいと思う。




copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。