FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:教育
沖縄県石垣市と与那国町、竹富町からなる教科用図書八重山採択地区協議会は23日、地区内の中学校21校で来春から4年間使用される公民の教科書について「日本教育再生機構」のメンバーらが執筆した育鵬社の教科書を採択した。沖縄県での同社の採択は初めて。同社教科書は領土問題に関する記述が充実しており、昨年9月、石垣市が行政管轄する尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件など国境での相次ぐトラブルが採択に影響を与えたともいえそうだ。歴史については同社は採択されなかった。

 同協議会では、この日の審議を非公開とし、歴史、公民とも育鵬社を含む各7社から選定。関係者によると、委員8人が無記名で投票し、公民は賛成多数で育鵬社に決まった。

                            産経ニュースより

いよいよ沖縄で風穴があいた。
教科書の採択で、今まで左翼的な教科書だったものから、公民の教科書だけではあるが、
育鵬社の「新しい教科書」が選定された。

ここの至る経緯を、産経ニュースと琉球新報のニュースで読み比べると
頭がおかしくなるほど、クラくらくらするほどの報道の違いがある。

そもそも沖縄では、沖縄タイムズと琉球新報という2つの新聞が90%のシェアを誇っており、
本土の五大誌はほとんど読めないし、届くのも昼頃になる。

自分が沖縄にいた頃には、わざわざ産経新聞をとっていたぐらいだ。

しかも、この地元新聞が完全に反米、半自衛隊で、「半洗脳新聞」なのでたまらない。

その中で、今回、教科書採択のこの反対の動きをかいくぐって、
このような形で、採択が決着したのは、それだけ、
石垣の人々にとって、「領土問題が切実である」という
ことの表れもあろう。

今日も、尖閣諸島で中国漁業監視船が現れていて、
「尖閣は中国の領土である」と言っていてる。
おりしも、金総書記はロシアを訪問している。
何か中露朝の不気味な動きがある。

日本の首相交代のタイミングでなにか仕掛けてくるのではないかという、
そんな危険性がしている。きな臭い。
その中で、この八重山の人々の英断は、
我が国を再び、占領の惨禍に巻きませたくないという大きな思いがあるのだろう。

先日ある記事で、中国の女性が、本気で涙を流しながら、
「沖縄は中国に解放されたがっているんでしょう?
日本に不法に占領されて助けてっていっているんでしょ?」
と大声でないて場を引かせていたという記事があったが、
とんでもない。

そもそも中国大陸の漢民族と、沖縄の琉球民族は全く違う。
総裁の言われている通り、沖縄の人々はムー大陸の末裔であり、
霊的にもそして人類学的にも「日本人」であり「日本」である。
もちろん、歴史的紆余曲折はあろうが、
しかし、中国の国家を上げての教育的洗脳の恐ろしさを改めて感じる。
とともに、何故か日本国民に自虐史観で洗脳している
日本のマスコミや知識人にも唖然とさせられる。

そのなかで、沖縄に風穴があいた。
この流れは止めることができないだろう。
時代は、今、真実の方向へ。
日本を長い間覆っていた左翼的誤謬の風が
今真理の風によって払われる時がこようとしているのだ。


copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。