FC2ブログ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:教育
低学年の教育に関して、今年もやはり思うのは、「国語の大切さ」
先日も、ある学年で算数の授業をしていたのだが、計算はできているのに、
「その距離」とかいう言葉の「その」が理解できていない。
それで、文章題が解けない。

親御さんと話しても、「算数」についての話はあるが、
意外と「国語」に関しての悩みも多い。

しかし、圧倒的に国語か算数かというと「算数」である。

自分は、低学年は「国語」に重点をおくべきではないのかと思う。

算数の計算が早いのは悪いことではないし、
それ自体が「頭がよい」ということの代名詞になるので、
算数を否定するつもりもないが、
それ以上に「国語」の力が大切なのではないかと思う。

最近、「活字を読めない」生徒が多い。
小学生はまだしも、中学生でもまったく読めない子も多い。
言語感覚がまったく育ってないので、質問に答えられない子も結構いる。

「成績が上がらない」という悩みのほとんどは、
「国語の力がない」ことに起因するのではないかと思える。

以前、紹介したことがある「親力」の著者、親野さんがいわれていたように、
「社会や理科は、教科書を音読するだけで成績があがる」ということは、
要は、活字を読めない生徒が増えているということを意味しているのだろう。

国語の復権。
それが、学力向上への鍵だと思えるのだがいかがだろうか?
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。