FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
那須に開園した幸福の科学学園が開園から一年半たった。
その幸福の科学学園那須本校の校長と、
開園予定の関西校の校長(予定)と
総裁の鼎談を書籍にした書籍だ。
幸福の学園がどのような教育をしようとし、
じっさいにしているのかを明らかにした書籍であるが、
「幸福の科学が何を目指しているのか」ということがよくわかる。

正直、幸福の科学が学校を作るということで、
さまざまに言われたこともあるが、
この書籍を読むと、
「幸福の科学の理想とは何か」ということが、よくわかる。
そして、その理想が開学一年半にてすでに
「結実」しつつあるということが、よくわかる。

特に英語教育については、世界のレベルを考えるに、
このレベルでなければならないことはわかるが、
現在の日本の教育からすると
信じられないところを目標としているように思えるのではないだろうか。

書籍の中の総裁の言葉に、
「『幸福の科学学園』は、私の『希望』であり、『宝』でもある」という言葉があるが、
第2章におさめられた那須本校の学園生たちの姿を読んで、
「幸福の科学が学校を作ると、子供たちはここまで行くのだ」という
驚きと感動に似た思いが湧き上がった。

「宗教教育が染み込めば染みこむほど、本当に成績がよくなり、
人間性が向上し、運動でも成果が上がってくる。」
という喜島那須本校校長の実感を込めた述懐が、
本当に、染みこむように伝わってくる。

総裁の学園の生徒達への、「未来を託す」というお気持ちと、
それに感謝と報恩で答える生徒たちの姿が、
本当に希望の未来への道だと感じられた。

そして、関西校が開校する。
那須とは、また雰囲気の違う発展繁栄系の学校になりそうだが、
開校が非常に楽しみである。
そういう風に思わせてくれる鼎談集である。

幸福の科学にいろいろと意見をお持ちの方も
いらっしゃるだろうが、
ぜひ、この書籍を読んでいただきたいと思う。

ちなみに、幸福の科学学園での総裁の法話は、
『真のエリートを目指して』という書籍にまとめられている。
こちらも、一緒に読まれると、
幸福の科学学園が目指している
「徳ある英才」の輩出を目指すという
未来型教育の姿が明らかになると思う。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。