FC2カウンター

FC2ブログランキング

リンク

プロフィール

伊雲

Author:伊雲
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブロとも申請フォーム

今日の仏法真理 ~幸福の科学 大川隆法 総裁の御著書より~



■ 『真の平和に向けて』 まえがき
Date: 2015-04-27 (Mon)

昭和天皇は、ご生前、戦後の沖縄の人に
会えないでおられたことを
残念に思っておられた。
御魂として、沖縄の地でその旨を私に伝えて来られた。
昭和天皇の御心を受けて、本説法はなされた。

首相官邸は、決して迷走してはならない。
日本の戦後は終わった。
新しい日本を創造しなくてはならない。
私は、輝ける国・日本を創り、
沖縄を二度と植民地にはさせないつもりである。
救世主の声を信じるがよい。




             過去の仏法真理
http://homepage1.nifty.com/ikumo/butugon/butugon.html

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:政治・経済・国際
野田総理がTPPの参加を表明するかしないか。
それを決断する時期が近づいている。

基本的には、参加する形に収まるのではないかと思っているが、
抵抗勢力のすごいことすごいこと。
一時代前の学園紛争を彷彿させる。
いや、そのときの報われなかった思いを、
今TPPで、なんとかしようとしているようだ。

TPPの反対運動を見ていて、
思うことがある。
以前、幸福実現党で、
「第三の開国をして、三億人国家を目指そう」と
提言した時の反応に似ているということである。

日本は、今、鎖国か開国か
それを迫られているという意味では、
江戸時代の第一の開国、
そして、戦後の第二の開国につぐ大事な時代に来ているのだと思う。

総裁は、『政治の理想について』の第5章 幸福の具体化について の中で、

「やはり,世界の国の人たちが集まってきたいと思うような国でなければ、
最高の繁栄はやってこないのです。
今までの日本は、「単一民族国家であって多民族が入ってこないため、
ある程度高度な平等を享受できて幸福だ」というレベルでした。
しかし、これからの目標、国家選択を考えた時に、
世界第二位の経済大国にまでのし上がった段階では
そういう考え方自体が、ややわがままに見えるようになってきたのです。」
と、述べられている。

日本という国が世界に第二位の国になっているという現実を
(中国はまもなくバブルが崩壊するので)
受け入れ、「他の国々のために」という視点を
持たなくてはならなくなったということだろう。

これは、国家レベルの利自即利他が、実現するべき時がきたということであり、
「日本がリーダーとして世界を導いていく時がきた」ということでもあろう。

今回、TPPに反対しているのは農業・漁業・医療と
以前より規制緩和が叫ばれていた分野である。
そして、保護的に産業を守ってきた分野でもあるといってもいいだろう。
その産業分野がある意味、転換を求められている。
日本でガラパゴス化したものが世界標準によって変えられていくのは、
携帯の世界で現在進行中である。

自分は、個人的には、日本はTPPでだめになるよう弱い国ではないと思う。
ケイタイだって、スマホにちゃんとオサイフケイタイや赤外線の機能をつけて、
ガラパゴス化スマホを創り上げていく。
そういう入ってきた文化をさらに「日本風」に仕上げていく力があると思う。

牛肉だってオレンジだって、輸入自由化して豊かになった。
日本人には選択肢が広がったのである。
バナナだって昔は高級品だたが、今は、一房100円で買える。
良いものは残り、悪いものは淘汰される。
それが、市場原理の基本原則である。

TPPに参加しても「良いものは残り、悪いものは淘汰される」
ただそれだけのことだ。

ちなみに、これだけ、反対が強いということは、
経営的には実行すべき時だということだ。
「全員が賛成する企画は、やる意味はない。
ほとんどが、反対するときこそ、その企画はやる意味がある」と言われる。

そういう意味では、現在の反対運動は、
「今こそ、実行の時」であることを示しているといっても良い。
われ、やらずして誰かある、今やらずして、いづれのときぞ。
今こそ、実行の時である。

岸信介の勇気と決断を、野田総理に期待したいものである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 伊雲の徒然なるままに@SimpleSpace all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。